ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. お金、保険、手続き、料理
  3. 新生活準備完ペキマニュアル
  4. 新生活のお金&保険を見直そう
  5. 結婚後、財布のひもを握るのはどっち?

結婚後、財布のひもを握るのはどっち?

結婚後の家計管理は話し合いましたか? 昔は妻が財布を握り、旦那にお小遣いを渡すパターンが一般的でしたが、最近は昔とは違って家計管理のルールも様々。代表的な家計管理の例をご紹介します。自分たちに合った家計管理がきっとみつかります。

お金のルールづくりは、隣の夫婦に学びましょう

夫婦どちらかがイニシアチブをとる!どちらかひとりがリードするなら「お小遣いパターン」か「家計先渡しパターン」

結婚後は、これまで別々に管理していたふたりのお財布が一緒になるので、ある程度ルールを作っておくことが大事に。まずは、家計管理のパターンには、どんなものがあるのかを見ていきましょう。

お小遣いパターン

女性が専業主婦、またはパートタイムをしている場合に多くみられる、妻が家計を管理して夫に毎月お小遣いを渡す、昔から一般的だったパターン。妻が家計を一括で管理できるため、収支を把握しやすいのがメリット。妻が家計管理を得意としている場合にオススメ。でも最近はクレジットカードや電子マネーを使う機会が増えているため、夫にお小遣いとして現金を手渡しても、それ以上の金額をクレジットカードで使ってしまう場合も!カード会社の明細を毎月チェックし、使った額について夫婦で話し合うことが大事です。

家計先渡しパターン

夫が、給料日に一カ月分の家計と妻のお小遣いを合わせた金額を妻に渡すパターン。この場合、妻からすると、夫の収入がいくらかわからず、散財していても気づきにくいという注意点があります。夫が几帳面で家計管理を任せられる場合にのみオススメ。

ここで紹介したふたつのパターンは、夫婦共働きでももちろん使えます。夫の収入だけで家計をまかなえるなら、夫の収入ですべてをやりくりして、妻の収入には一切手をつけずに、すべて貯金していくという方法も。

お互い納得。1つのお財布は夫婦で支払い 共働きにオススメ「共同財布でやりくりするパターン」

共同財布でやりくりパターン

共働きの夫婦にオススメなのが、夫婦でひとつの「家計用の銀行口座やお財布」を用意して、そこにお互いがお金を入れてやりくりするパターン。例えば月々5万円、10万円など、決められた金額をふたりがそれぞれの稼いだお金から持ち出して、そこから家賃や駐車場代、公共料金などを自動で引き落としたり、食費やふたりで外出した際の支払いをまかなうやり方。また、「家計用の共同財布 」から毎月一定額をふたりの貯金として確保しておくといいでしょう。このパターンだと、手元に残ったお金は、夫婦それぞれのお小遣いとなります。

夫婦ともに毎月一定額を家計に平等に出すため、"どちらが多く払った"などという不公平感もなく、納得しやすい点がメリットで、夫婦で貯金を確実に増やしていきたい場合にも便利です。また、残業などをして多く稼いだ月は、追加収入がそのまま自分のお小遣いになるので、仕事へのモチベーションもアップするはず!

夫婦に収入差があり、例えば夫が500万円、妻が300万円という場合なら、家計用のお金も5:3にして、夫が5万円&妻が3万円、夫が10万円&妻が6万円、などと収入額に応じた割合設定をしても!

気をつけたいのは、この「家計用の共同財布」のイニシアチブをどちらがとるかという点。例えば妻が「インテリアとして観葉植物を買いたい」、夫が「健康維持のためにダイエット器具を買いたい」と思っても、相手が「それはアナタの趣味だから、家計の財布からではなく、お小遣いからにして」というケース。都度相談していては大変なので、ある程度はどちらかが主導権を握り、「家計用の共同財布」を使うルールを決めておくといいでしょう。

固定費は旦那の財布から。流動費は私の財布から 固定費と流動費で分ける「項目別担当パターン」もオススメ

出費項目別に分担パターン

共働きの夫婦にオススメの、もうひとつは「項目別担当パターン」。夫婦が同じくらいの収入がある場合に特にオススメ。例えば、夫が家賃、駐車場代、公共料金などの毎月の固定費(主に銀行引き落とし)を支払い、妻が食費や交際費、ふたりのお小遣いなど、流動費を支払うという方法です。この方法であれば、これまで紹介してきた「お小遣いパターン」や「家計先渡しパターン」、「共同財布でやりくりパターン」のように、銀行からお金をおろして相手に手渡ししたり、夫婦それぞれが家計用の銀行にお金を入れたり……という手間がなくなる点がメリット!流動費を妻が担当する場合、食費や交際費など、いつでも必要なときに妻がお金を下ろせばいいので、夫の仕事が忙しくて銀行にいけない場合にも便利です。

このタイプで気をつけたい点は、流動費を妻が担当するため、月によって支出がかなり変動するということ。妻側のほうで赤字になっていないかをチェックするために、大まかでもいいので家計簿をつけておきたいもの。冠婚葬祭などで出費がかさむ場合は、特例として夫から出してもらうなど、臨機応変な対応ができるとさらに安心。

いかがでしたか。あなたの結婚相手との家計管理に合いそうなタイプが見つかりましたか?まずは結婚相手と話し合って、いずれかのタイプでスタートを!実際に始めてみて、やっぱり違うタイプのほうが向いていると思うようなら、柔軟にやり方を変えて、ピッタリの方法を見つけてくださいね。

お金のプロから花嫁へのメッセージ!

夫婦のお金の管理をどうするか?小遣い制にするのか、財布を分けるのか。財布を分けてもお互いの資産まで明朗会計にするのか、それぞれの資産としてそれぞれが管理するのか。結婚後の妻の働き方なども話し合う必要がありますが、実はこの管理法の選択は、微妙に夫婦の距離感にも影響します。それぞれの夫婦の在り方で、しっくりくる方法を選ぶといいですね。これは、結婚前後でしっかり話し合いましょう。

FP 豊田 眞弓

FP 豊田 眞弓

文:西山 美紀 / 監修:豊田 眞弓

ゼクシィ保険ショップでふたりにぴったりの保険を選ぼう

新婚カップルの保険相談実例集