ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. お金、保険、手続き、料理
  3. 新生活準備完ペキマニュアル
  4. 結婚前後の手続(引越し関連)-1~3ヵ月前
[結婚前後の手続き]
引越し関連の手続き(1~3カ月前)

1~3カ月前1~3週間前引越し後
 
部屋の解約
解約予告
  契約書には解約の予告の期限が明記されていて、通常の1~3カ月前に大家または不動産会社に連絡しなければならないことになっている。例えば契約書に予告の期限が2カ月とあるにもかかわらず、1カ月前になって連絡した場合は、1カ月分の家賃を余分に払わなければならなくなることがあるので注意。
明け渡し日、解約日の宣告
  明け渡し日
大家または不動産会社が部屋の汚れや破損の状況をチェックし、鍵を返す。汚れや破損に応じて、敷金や保証金から修理費などが引かれるため、きれいな状態にして大家または不動産会社に見せる。画びょうや釘なども取り外しておき、ゴミも全部捨てておく。後でトラブルにならないよう、立ち会って、修繕箇所などを確認しておくことが望ましい。
解約日
賃貸契約が終了する日のこと。通常は明け渡しの日と同じ日。なお、解約日までに引越しできなくなった時は、延ばしてもらえることもあるが、延長分は日割りで賃貸料を払う。
敷金、保証金の受領
  明け渡し当日ではなく、1~2カ月後に、修理費を引いた残りが銀行振り込みなどで大家または不動産会社から返却される。受領後、契約時に受け取った敷金、保証金の預かり証書を返送したり、領収書を発行するよう指示されることもあるので、旧住居の賃貸契約関係の書類は、しっかり保管しておこう。

新居の契約
物件探し
  入居審査や契約に必要なさまざまな書類の入手に要する時間や荷造りなどを考えれば、遅くとも3カ月前には物件めぐりをスタートさせたい。ふたりの新居だから当然物件を見るのもふたり一緒がベストだ。なお、賃貸契約の際、預かり金(申込金)や前金、手付金をめぐってトラブルになることがあるので注意。
預かり金(申込金)は、その物件を借りる強い意思はあるけれど、相談して決めるため、その間確保しておきたい、などというとき、契約前に支払う。その場合は「領収証」ではなく「預り証」を発行してもらうこと。預かり金(申込金)は法令により、契約の成立・不成立に関わらず返還されることになっている。
前金、手付金は、本来は契約成立後、物件の引渡しまでの間に代金の全部あるいは一部として支払うお金をいう。前金、手付金を支払った後で入居しなかった場合には、ほとんど戻ってこないので要注意。
入居申し込み・入居審査
  最近では入居審査をするケースが多い。大家や不動産会社からもらった申込用紙に必要事項を書き込み、その内容が審査されることになるが、場合によっては面接もある。また、連帯保証人の承諾書や印鑑証明書、所得証明書(源泉徴収票、課税証明書、確定申告書など)をはじめ、連帯保証人の承諾書などの提出を求められることもある。
賃貸契約
  契約書等を出され、口頭で説明を受けた後(これは大家や不動産会社の義務)、その場で契約書に記入、押印を求められることが多いが、内容に疑問、不満があればすぐに契約する必要はない。契約時に、住民票や実印と印鑑証明、連帯保証人の関係書類などを求められる場合もある(入居審査で提出している場合は必要ない)。
賃貸料等の支払い
  敷金、保証金、礼金、1カ月分の賃貸料、管理費、火災保険料、仲介手数料などが必要。新居の鍵を交換した代金も請求されることがある。現金での支払いを求められる場合と銀行などへの振り込みの場合があるので、事前に確認を。現金で支払った場合は、必ず領収書をもらっておくこと。また契約書や関係書類は全て保管しておく。
新居の鍵の受け取り
  契約してすぐに渡される場合もあるし、引越し前に大家に挨拶を兼ねて鍵を受け取りに行く場合もある。前回の入居者の鍵をそのまま使っている場合は、交渉して交換してもらった方が良い。
引越し日の宣告
  引越しの日が決まったら、大家または不動産会社、管理人等に連絡しておく。何の予告もなく、突然荷物を運び入れるのは迷惑に当たるし、ガスなどの作業が入る関係で、引越し時に管理人や大家などにいてもらわないと困る場合もある。