ゼクシィnet PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. お金、保険、手続き、料理
  3. 新生活準備完ペキマニュアル
  4. あなたの家計簿見せて!

ファイナンシャルプランナーがアドバイス。あなたの家計簿みせて!

今月のカップル2014年3月

K・H さん(28歳)、Y・H さん(29歳)【応募者:妻 Y・H さん】

《プロフィール》
東京都在住。2012年11月挙式。住まいは新築の賃貸マンション(1LDK)。子どもは今月1人目を出産予定で、4年後ぐらいにもう1人欲しい。ただし、私が就職活動をし、来年4月から働けるとしたら、2人目はそこから2~3年後に希望。年に1度は海外旅行に行きたい。私の祖父母は80歳代で都内23区に私の親と同居中。三世帯住宅にはしたくないそうだが、祖父母が亡くなった後、この家をもらえる予定。今の段階でマンションを購入し、10~20年後にこのマンションを売り、もらえる家を建て替えたい。

妊娠中で失業保険ももらえず、黒字になりません。
どこを節約すればいいですか?

私は1カ月程度の短期留学をしようと昨年夏に退職したところ、妊娠が発覚。留学はキャンセルし、日常でお金が足りない分は退職金を使って補っています。妊娠中のためハローワークに行けないので失業保険ももらえず、生活がとてもたいへんです。食費など節約してきましたが、まだまだ黒字になりません。交際費が多いのも悩みです。今月赤ちゃんも生まれるので、節約すべきこと、保険は足りているのか払いすぎかなど、アドバイスをお願いします。

実際の家計簿をCHECK!

こんなところ工夫しています!

  • 体調にもよるが、できるだけお弁当を作り、水筒で飲物も持参し、ランチ代を節約
  • なるべく外食は控える(が、なかなか節約できない)
  • クレジットカードのポイントを使って生活用品などを購入

その他の内訳

  • 現在の貯蓄:ふたりで30万円
  • 結婚前は、ふたりとも一人暮らし
  • 電話代2万8000円は、ふたりの携帯2万2000円とインターネットプロバイダー代6000円
  • 医療費2万8000円は、産科費2万円と歯医者などその他の医療費8000円。私はハイリスク妊婦のため、普通の検診だけでなく医療費がかさむ
  • 日用雑費1万8000円は、生活用品8000円とベビー用品準備1万円
  • ローン2万円は、カードローンの返済(パソコン2台、カメラ、彼の短期留学費用、彼の職場の飲み会などの経費立て替えほか)で2017年7月に終了
  • 彼の職場の飲み会は全員分をカードで支払い、翌日1人ずつからお金をもらう仕組み。管理しにくい上、リボ払いで手数料がかさむことが発覚。カードローンを組み、一括返済にまとめた
  • 保険3万1000円の内訳は、彼2万円は終身保険(60歳払込済、死亡・高度障害保険、入院一時金など。解約返戻金抑制型家族収入保険)で、給料天引き。私1万1000円は終身保険(60歳払込済、死亡・高度障害保険、入院一時金など)
  • その他1万6000円は、交通費9000円、彼のヘアカットや私の化粧品代などの美容費2000円、その他5000円
  • 出産費用は90万円程度だが、出産一時金や彼の会社から頂く分を引くと、自己負担40万円程度になりそう
  • 私の退職金80万円は生活費に消えてしまい、残りは10万円程度しかない
  • 彼のボーナスが12月60万円、7月80万円出るので、今後毎月の不足はそれで補う
  • 私は約5年間勤務し、手取り月収25~35万円程度、ボーナス年50万円程度。特に貯蓄しようと意識しなかったが、月3万円程度は余っていた。当時週2、3回夕飯を自炊する以外は、3食とも外食中心。金・土曜も彼とレストランや焼き肉屋などに行き、ふたりで1万円程度使っていた
  • 私の貯蓄は、新居の賃貸契約費86万円や生活準備費用でなくなってしまった
  • 新生活の家電は祖父が、結婚指輪や挙式費用は彼と彼の親御さんが負担してくれた
  • 現在の住まいは家賃12万6000円だが、子どもが大きくなれば手狭になるし、マンションを購入した方がいいと考えている
  • 私は来年4月からフルタイム(正社員)で働きたい
収入
  彼の収入 320,000円
  彼女の収入 0円
  収入の合計 320,000円
支出
  食費(外食費を含む) 60,000円
  水道代 2,000円
  電気代 12,000円
  ガス代 5,000円
  新聞代 6,500円
  電話代 28,000円
  被服代 5,000円
  医療費 28,000円
  趣味・レジャー代 30,000円
  日用雑費 18,000円
  住居費 126,000円
  駐車場代 0円
  ローン 20,000円
  保険料 31,000円
  彼のお小遣い 0円
  彼女のお小遣い 0円
  貯蓄 0円
  その他 16,000円
  支出の合計 387,500円

67,500円の赤字

バックナンバーを見る

先生からのアドバイス

Lesson12人目も妊娠が理由で退職なら失業給付の延長申請を

今回のケースでは、「もう少し早く、ご相談を受けていれば……」と残念に感じました。なぜなら、退職した時に妊娠に気付いていなくても、妊娠が判明した時に失業給付の延長申請をしていれば、出産後に失業給付を受給しつつ、求職活動ができる可能性があるからです。

妊娠が理由で退職した場合は、すぐに働くのは難しいため、通常は1年以内に受給しなければならない失業給付を、最長4年以内に延長してくれる制度があります。その制度を利用するためには、原則として退職後30日が経過した翌日からの1カ月間が延長申請の受付期間となります。でも、その時点で妊娠に気付いていなければ、気付いた時点で延長申請することは可能。4年以内に受給すればいいので、来年4月に働かれるのに向けて、失業給付を受給できた可能性があるのです。

産後に働かれる可能性があるとのことなので、2人目を妊娠されて再び退職することになった場合は、必ず失業給付の延長申請をしましょう。

Lesson2近いうちにマンションを買うより建て替え資金を貯める方が現実的

家計支出では、手取り月収の約40%が住居費に充てられています。住居費が下がらない限り、奥さまが働くまでは家計を黒字にするのは難しそうです。保険も、現在の貯蓄を兼ね備えたタイプではなく、できれば掛け捨てタイプに変えて月々の負担を減らしたいところ。お小遣いは0ではなくおふたりとも金額を決めて予算化した方が、やりくり的には適切です。

近いうちにマンションを買う場合、親御さんからの援助がない限り頭金なしでの購入になると思います。一例として3500万円の物件を買ったとすると、ひと月約11万6000円(返済期間35年、金利2%)の返済になります。管理費や修繕積立金を加えると、現在より住居費負担は増えそうです。それだけ払っても、住宅ローンの残高は10年後で約2740万円、20年後でも約1800万円残ってしまいます。その時点でマンションを売っても、手元に資金が残るかは疑問です。

将来、実家を相続できるのであれば、この先、家賃の安いマンションなどに住み替えて、実家の建て替え資金を頑張って貯めた方が、多くの資金を手にできるように思います。

バックナンバーを見る

ファイナンシャルプランナー 畠中雅子先生

ファイナンシャルプランナー&経済ジャーナリストとして雑誌、新聞、インターネットなどで活躍中。家計管理、金融商品、保険に関する著書も多数。3人の子どもの母親でもあり、主婦の立場からのアドバイスが好評だ。 「子どもにかけるお金を考える会」も主宰。
http://moneychild.cocolog-nifty.com/blog/

あなたの家計簿、プロにご相談してみませんか?

「もっと効率的なやりくり方法が知りたい!」「頑張っているつもりなのにお金がなかなか貯まらない!」「私の保険ってこれでいいの?」など、 一人一人のお悩みにファイナンシャルプランナーが親身にアドバイス!  家計簿の見直しを、プロに相談してみませんか?  ご相談お待ちしています★

応募する

ゼクシィの保険ショップでふたりにぴったりの保険を選ぼう

新婚カップルの保険相談実例集

新生活準備 完ペキ マニュアル

あなたの家計簿見せて!