ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. お金、保険、手続き、料理
  3. 新生活準備完ペキマニュアル
  4. あなたの家計簿見せて!

ファイナンシャルプランナーがアドバイス。あなたの家計簿みせて!

今月のカップル2017年12月

T・Kさん(29歳)、A・Kさん(32歳)【応募者:妻A・Kさん】

《プロフィール》
愛知県在住。2014年11月挙式。住まいは賃貸アパート(3DK)。子どもは、2015年8月に1人目が生まれ、今月2人目を出産予定で、経済的に可能なら2年後にもう1人、計3人欲しい。転勤族のため、マイホームについて具体的に考えてはいないが、上の子が中学に入るぐらいで、私と子どもは彼の転勤に付いて行くのをいったんやめようと考えている。年に一度は国内旅行をしたい。

2人目が生まれるし、転勤で引っ越し代も必要です どうすれば家計を黒字にできますか?


贅沢をしているつもりはないのに、家計が赤字です。もうすぐ2人目の子どもが生まれるので、私は、しばらくは働けません。
さらに彼は転勤族で、そろそろ転勤の話があります、引っ越し代もかかってくることを考えると、黒字の家計にしたいです。
また、子どもはできれば3人欲しいところですが、経済的に大丈夫なのか悩んでいます。ぜひアドバイスをお願いします。

実際の家計簿をCHECK!

こんなところ工夫しています!

  • ふたりともガラケーを使い、携帯電話代を節約
  • 彼のお昼はお弁当を持参し、ランチ代を抑える
  • ふるさと納税を利用し、彼はお酒、私は果物や海鮮のおいしそうなものを入手

その他の内訳

  • 現在の貯蓄:彼400万円(社内預金と銀行預金200万円ずつ)、私200万円
  • 同居前は、ふたりとも1人暮らし
  • 彼の仕事は激務で、家のことは私が1人でやっている。近くに知り合いもなく、たまったストレスは目新しい料理や手芸などで発散。そのため食費が高くなってしまう
  • ローン1万4000円は彼の奨学金返済で、残りはあと15年ぐらい
  • 保険料8万5000円の内訳は、上の子の学資保険2万円(12歳まで)、下の子の学資保険1万5000円(10歳まで)、彼名義・私名義の生命保険付きの積み立て各1万5000円ずつ計3万円、彼の医療保険1万5000円、私の医療保険5000円
  • その他8万円は、ペット費5000円、特別費(帰省代など)月割1万5000円、交際費(お歳暮など)月割2000円、職業費(スーツ代や定期代など)1万5000円、車の維持費・保険代など月割1万3000円。ほかには大型家電などの買い替えや教養費などの月割費用
  • 彼のボーナスは年間100万円くらい
  • 転勤しても、彼の収入に変化はない
  • 私は、これまで4年間勤務。手取り月収は会社勤務の3年間は25万円、結婚後のパート1年間は9万円ぐらい
  • 私は今後、3人目を産まない場合は、2人目が幼稚園か小学校に入るぐらいから働くつもり。(彼の仕事柄、育児分担は頼めないので)子ども優先で、できるならフルタイム。厳しそうならパート
収入
  彼の収入 380,000円
  彼女の収入 0円
  収入の合計 380,000円
支出
  食費(外食費を含む) 67,000円
  水道代 3,600円
  電気代 9,000円
  ガス代 6,800円
  新聞代 4,200円
  電話代 7,000円
  被服代 4,000円
  医療費 15,000円
  趣味・レジャー代 3,000円
  日用雑費 15,000円
  住居費 78,200円
  駐車場代 0円
  ローン 14,000円
  保険料 85,000円
  彼のお小遣い 15,000円
  彼女のお小遣い 5,000円
  貯蓄 30,000円
  その他 80,000円
  支出の合計 441,800円

61,800円の赤字

バックナンバーを見る

先生からのアドバイス

Lesson1学資保険以外の保険は見直しをして、赤字を削減

家計簿上は6万円を超える赤字になっていますが、学資保険の保険料の3万5000円は、貯蓄にカウントしていいお金です。収入に対して17%程度の貯蓄(学資保険の保険料含む)をしているので、やりくりの方法自体に問題はありません。

ただし学資保険以外の保険については、2万円以下まで負担を減らしたいところ。しばらくは奥さまが働けないことを考えますと、掛け捨てタイプのお手頃な保険で、死亡保障と医療保障を得るのがおすすめです。最優先したいパートナーの死亡保障は、3000万~4000万円程度は必要。死亡保険金を年金のように、分割して受け取れる収入保障保険に入り直せば、ひと月4000円から5000円程度の保険料で必要な保障を確保できます。

ご夫婦の医療保険は、保障は一生涯続くけれど、保険料の支払いは60歳で終えるタイプを選択した場合、2人分合わせてひと月6000円から7000円程度の保険料で、入院日額5000円の保障が得られます。思い切って全体的に見直せば、1万円から1万2000円程度で必要な保障が得られて、赤字をかなり減らせます。

Lesson2特別支出はボーナスから取り置き、月の家計から赤字を消す

保険料のほかに、支出の中で見直しを検討できそうなのは、「その他の8万円」。特別支出に当たる帰省費用や家電の買い替え費などを、月割で準備されているのはよい心掛けですが、K家の場合は現在のやり方が、毎月の赤字を増やす原因になっています。やり方は間違っていなくても、収入に見合っていない点が問題なのだと思います。

パートナーのボーナスが年間100万円あるのですから、ボーナスから特別支出分を計画的に取り置いて、月の赤字を抑えた方がいいと思います。ボーナスからも20万~30万円は貯蓄に回したいので、残りの70万~80万円くらいを特別支出に充ててはいかがでしょうか。特別支出として考えるべきものを思いつく限り書き出して、それぞれ夏のボーナスで支払うか、冬のボーナスで支払うかを具体的に考えてみてください。

最後に、3人目の出産について。すでに600万円の貯蓄もお持ちですし、将来的に奥さまが働く予定もありますので、3人目の出産を諦める必要はないと思います。奥さまの再就職時期を考えると、3人目を望まれるのであれば、早めの出産がおすすめです。

バックナンバーを見る

ファイナンシャルプランナー 畠中雅子先生

ファイナンシャルプランナー&経済ジャーナリストとして雑誌、新聞、インターネットなどで活躍中。家計管理、金融商品、保険に関する著書も多数。3人の子どもの母親でもあり、主婦の立場からのアドバイスが好評だ。 「子どもにかけるお金を考える会」も主宰。
http://moneychild.cocolog-nifty.com/blog/

あなたの家計簿、プロにご相談してみませんか?

「もっと効率的なやりくり方法が知りたい!」「頑張っているつもりなのにお金がなかなか貯まらない!」「私の保険ってこれでいいの?」など、 一人一人のお悩みにファイナンシャルプランナーが親身にアドバイス!  家計簿の見直しを、プロに相談してみませんか?  ご相談お待ちしています★

応募する

ゼクシィ保険ショップでふたりにぴったりの保険を選ぼう

新婚カップルの保険相談実例集

新生活準備 完ペキ マニュアル

あなたの家計簿見せて!