ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. お金、保険、手続き、料理
  3. 新生活準備完ペキマニュアル
  4. あなたの家計簿見せて!

ファイナンシャルプランナーがアドバイス。あなたの家計簿みせて!

今月のカップル2014年11月

K・Sさん(26歳)、M・Sさん(26歳)【応募者:妻、M・Sさん】

《プロフィール》
埼玉県在住。2014年5月挙式。住まいは賃貸マンション(1LDK)。LDKも寝室も広く収納もたくさんあるので、子どもができても対応できそう。子どもは、1年後に1人、4年後にもう1人、計2人欲しい。4、5年後に一軒家を買いたい。マイホームのためと将来が不安なので節約している。

今の家計で子どもができてもやっていけるでしょうか?マイホームも欲しいです

まだ子どもはいないのですが、もし子どもができた場合、このままでやっていけるのでしょうか。また、マイホーム購入に向けて貯蓄を頑張っていますが、この給料で購入できるでしょうか。マイホームの夢や子どもを育てていくことを想定し、楽しく節約しながら、少ないお給料の中で頑張っていますので、ぜひアドバイスをお願いします。

実際の家計簿をCHECK!

こんなところ工夫しています!

  • 使っていない家電はコンセントを抜き、なるべく同じ部屋にいるようにし電気代を節約
  • ガスが高いので、電気ケトルでお湯を沸かしてから調理する
  • 努力で一番抑えられるのは食費だと思い、買い物は週に1回、3000円以内を目標にしている
  • 買い物に行くまでに1週間分のレシピを考える。その材料を全部挙げて、おおよその価格を計算し、変更したりして目標の3000円に収めて、必要なものだけを買う
  • 彼はお菓子が大好きでたくさん欲しがるので、週800円の予算を決めて、月3000円ほどをお菓子専用の財布に入れて管理

その他の内訳

  • 現在の貯蓄:370万円(ふたりで120万円、私250万円、彼の貯蓄は結婚式と新婚旅行費用で使ってしまったため100万円ぐらいあったが0に)
  • 結婚前は、彼は就職後1年間だけ会社の寮、私は実家暮らし
  • 電話代1万4000円は、携帯2台とインターネットプロバイダー代
  • 保険料は、ふたりとも実家で払ってもらっている。私の分は3000円ぐらい。彼分は不明だが、いずれは自分たちで支払うつもり
  • 毎月の貯蓄額は月によって幅があり、7万~7万5000円
  • 私は今年3月末まで3年間勤務していて、月収は23万円
  • 子どもが欲しいので、私がこれからすぐ働くかどうかは未定。出産後は、子どもが幼稚園ぐらいになったら、パートを始めたい。大きくなるにつれて時間は増やしていきたいと思う
  • 子どもの大学資金や老後のことも心配
収入
  彼の収入 200,000円
  彼女の収入 0円
  収入の合計 200,000円
支出
  食費(外食費を含む) 23,000円
  水道代 1,800円
  電気代 3,000円
  ガス代 4,400円
  新聞代 0円
  電話代 14,000円
  被服代 0円
  医療費 0円
  趣味・レジャー代 2,000円
  日用雑費 3,000円
  住居費 68,000円
  駐車場代 0円
  ローン 0円
  保険料 0円
  彼のお小遣い 5,000円
  彼女のお小遣い 0円
  貯蓄 75,000円
  その他 0円
  支出の合計 199,200円

800円の黒字

バックナンバーを見る

先生からのアドバイス

Lesson1貯蓄ペースは立派ですが支出が少な過ぎるようにも思います

家賃を払われていながら、約38%の貯蓄をされているSさん。「楽しく節約しています」とのことですが、支出額の少なさに驚きます。お子さんを授かられた後も、今のようなやりくりを継続できれば、奥さまはしばらく働かなくても家計は成り立つでしょう。

逆に、もう少しパートナーのお小遣いを増やしたり、ご自分のお小遣いを予算立てした方が良いように思います。趣味・レジャー費についても、もう少し予算を取っても良いのでは?お子さんがいなくて、フットワークが軽い今しかできないこともたくさんあるはずですし、節約だけを続けていても、お金の不安が解消されるとは限りません。貯蓄に励んでいても、マイホーム購入や教育資金で貯蓄は減りますし、「これ以上貯蓄はいらない」というゴールにたどり着けるご家庭はほとんどないからです。

S家では貯蓄のペースを落としても、4~5年後にマイホームを買うのは可能だと思います。適度に貯めるのが大切なので、ひと月4万円の貯蓄ができていれば、十分に節約できていると考えて大丈夫です。

Lesson22人目のお子さんを持つ時期を前倒しにするプランも立ててみましょう

2人目のお子さんの出産時期を、1人目を出産された4年後と考えられているのはなぜでしょうか。おふたりともお若いので、1人目出産の4年後に2人目を持たれてもライフプラン的には問題ありませんが、1人目と2人目の年齢差が少ないほど、奥さまが仕事に復帰する時期を前倒しにできます。働き始めるのが早くなれば、家計が楽になる時期も早まりますし、お子さんを育て上げてから、パートナーが退職するまでの時間も多く残せるので老後資金も貯めやすくなります。

兄弟姉妹の年齢差が少ないと、教育資金の負担が大変になる、大学生は2人持ちたくないという理由で4年くらい空けたいと考える方もいますが、年齢差が開くほど教育費の負担が重い時期も長引きます。

例えば、教育費負担の厳しい時期が5年間で済むのと、10年間続くのとでは、後者の方が老後資金が貯めにくくなるのです。奥さまの仕事復帰の時期や老後資金のことを考えますと、出産時期を前倒しにするプランも検討されてはいかがでしょうか。

バックナンバーを見る

ファイナンシャルプランナー 畠中雅子先生

ファイナンシャルプランナー&経済ジャーナリストとして雑誌、新聞、インターネットなどで活躍中。家計管理、金融商品、保険に関する著書も多数。3人の子どもの母親でもあり、主婦の立場からのアドバイスが好評だ。 「子どもにかけるお金を考える会」も主宰。
http://moneychild.cocolog-nifty.com/blog/

あなたの家計簿、プロにご相談してみませんか?

「もっと効率的なやりくり方法が知りたい!」「頑張っているつもりなのにお金がなかなか貯まらない!」「私の保険ってこれでいいの?」など、 一人一人のお悩みにファイナンシャルプランナーが親身にアドバイス!  家計簿の見直しを、プロに相談してみませんか?  ご相談お待ちしています★

応募する

ゼクシィ保険ショップでふたりにぴったりの保険を選ぼう

新婚カップルの保険相談実例集

新生活準備 完ペキ マニュアル

あなたの家計簿見せて!