ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. お金、保険、手続き、料理
  3. 新生活準備完ペキマニュアル
  4. あなたの家計簿見せて!

ファイナンシャルプランナーがアドバイス。あなたの家計簿みせて!

今月のカップル2017年10月

J・Mさん(37歳)、E・Mさん(31歳)【応募者:妻E・Mさん】

《プロフィール》
茨城県在住。2014年9月より同居し、2015年12月婚姻届を提出、2016年4月挙式(彼は南米出身で国際結婚)。住まいは賃貸アパート(1LDK)。子どもは、1人目を11月に出産予定で、2年後ぐらいを目処にもう1人、計2人欲しい(3人目は金銭的に難しいと思う)。2、3年以内に県内の地元に戻り、できれば予算3000万円以内で家を建てたい。

外国人の彼は派遣社員で思うように貯蓄ができません。妊娠中の私が家でできる仕事はありますか?

私は妊娠8カ月です。7カ月目までは短期の仕事をしていましたが、現在は無職です。彼は派遣社員なので、月によっては月収が20万円を切ることがあり、思うように貯蓄ができず、不安です。マイホームも欲しいのですが、今は妊娠中のため私が外で働くのは無理です。何か在宅でできる仕事はあるでしょうか?ぜひアドバイスをお願いします。

実際の家計簿をCHECK!

こんなところ工夫しています!

  • 食材は週1回まとめ買い。彼はお肉が好きなので、会員制の大型倉庫店で安く牛肉を購入。外食はあまりしない
  • 彼はお弁当と水筒を職場に持参し、ランチ代を節約
  • 私は、携帯はガラケーを使用し、電話代を抑えている
  • ネットのショッピングサイトのクレジットカードを作り、そのサイトや街での買い物にも利用。キャンペーン応募などで月に2000~3000円分ポイントを貯めている
  • 彼の月1回のヘアカットは1000円カットを利用
  • 週末は一緒に料理をしたり、家で映画を見たり、彼はゲームをしたりして家で過ごすことが多い

その他の内訳

  • 現在の貯蓄:ふたりで500万円
  • 同居前は、彼は1人暮らし、私は実家暮らし
  • ふたりとも保険には加入していない
  • その他1万5000円は、車のガソリン代1万円、車の保険代5000円
  • 車を2台所有。彼は通勤に車を使用
  • 彼は正社員希望ではあるが、外国人で読み書きがあまりできないため、現実的には難しそう
  • 私はこれまで5年半フルタイム勤務し、うち4年間は手取り月収30万円、1年半は20万円。最近まで3カ月間、短期間勤務し、月収15万円ほど
  • 私は、出産後1年以内に働き始めたい。フルタイム希望で月収は18万円くらいあればいいと思う。2人目を出産後も同様に1年以内ぐらいを目処にフルタイムで働きたい
収入
  彼の収入 200,000円
  彼女の収入 0円
  収入の合計 200,000円
支出
  食費(外食費を含む) 45,000円
  水道代 4,000円
  電気代 5,000円
  ガス代 7,000円
  新聞代 0円
  電話代 9,000円
  被服代 5,000円
  医療費 5,000円
  趣味・レジャー代 10,000円
  日用雑費 5,000円
  住居費 57,000円
  駐車場代 6,000円
  ローン 0円
  保険料 0円
  彼のお小遣い 10,000円
  彼女のお小遣い 5,000円
  貯蓄 12,000円
  その他 15,000円
  支出の合計 200,000円

0円の黒字

バックナンバーを見る

先生からのアドバイス

Lesson1住宅ローンを借りやすくするためにも、奥さまが働き始めてから申し込みを

貯蓄の500万円は、奥さまが働かれていたときに貯められたものでしょうか。正社員で手取り30万円の収入があったのに、今でもガラケーを持たれているのは、節約体質なのだと思われます。

まず、マイホーム取得の注意点について。派遣社員の方が住宅ローンを申し込むと、年収によっては断る金融機関があるかもしれません。借りられたとしても、パートナーだけの収入で3000万円のマイホームを購入するのは厳しいのが現実です。そのため奥さまも働かれてから、ふたり分の収入で住宅ローンの申し込みをするのがいいでしょう。

また今回は、出産のために退職されたのだと思いますが、1年以内に再就職を考えるのなら、お二人目を授かられた際は退職せずに、産休、育休を取って復職できる職場を探されてはいかがでしょうか。出産で仕事を休んでいる間も、出産手当金と育児休業給付金がもらえて、今のように不安にならずに済むからです。今年の10月からは、保育園に入れないなどの事情があれば、お子さんが2歳になるまで育児休暇が延長可能になりました。給付金も延長され、出産後に仕事を休んで育児をサポートする制度が整いつつあるので、その間に復職の準備がしやすくなっています。

Lesson2内職などで目を酷使せずに、穏やかな気持ちで出産を迎えましょう

奥さまは自宅でできる仕事を望まれていますが、貯蓄もありますので、今は身体を休める時期と割り切ることはできませんか。

貯蓄がしづらくなると、「家でできることを見つけて、少しでも稼ぎたい」と考える方は少なくありませんが、妊娠中に目を酷使するような、例えば内職仕事はおすすめできません。教材を買わされるだけで、実際の仕事につながらない内職商法に引っ掛かる可能性も。家計も赤字ではないので、ゆったりとした気分で出産を迎え、出産後の再就職までは育児に専念されてはいかがでしょうか。

各費目の支出額については問題はありませんが、奥さまが仕事を辞められた今は、パートナーの保険加入は必須です。定期保険や収入保障保険のような、掛け捨てで保険料の安い保険に加入する必要があります。パートナーに万が一のことがあった場合は、遺族年金がもらえるとしても、それだけでお子さんとの生活を成り立たせるのは難しいからです。生まれてくるお子さんの暮らしを守るためにも、保険には早めに加入しましょう。

バックナンバーを見る

ファイナンシャルプランナー 畠中雅子先生

ファイナンシャルプランナー&経済ジャーナリストとして雑誌、新聞、インターネットなどで活躍中。家計管理、金融商品、保険に関する著書も多数。3人の子どもの母親でもあり、主婦の立場からのアドバイスが好評だ。 「子どもにかけるお金を考える会」も主宰。
http://moneychild.cocolog-nifty.com/blog/

あなたの家計簿、プロにご相談してみませんか?

「もっと効率的なやりくり方法が知りたい!」「頑張っているつもりなのにお金がなかなか貯まらない!」「私の保険ってこれでいいの?」など、 一人一人のお悩みにファイナンシャルプランナーが親身にアドバイス!  家計簿の見直しを、プロに相談してみませんか?  ご相談お待ちしています★

応募する

ゼクシィ保険ショップでふたりにぴったりの保険を選ぼう

新婚カップルの保険相談実例集

新生活準備 完ペキ マニュアル

あなたの家計簿見せて!