ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 新居選びの分かれ目 5番勝負

賃料? 広さ? 駅近? 新居選びの分かれ目 5番勝負

結婚して初めての新居選び。予算内で、広くて、駅から近くて、と希望をすべて満たす物件はなかなかなく、みんな「駅からの距離と部屋の広さ、どっちを取る?」みたいにてんびんに掛けて選んでいるみたい。そこで、先輩花嫁たちの“究極の選択”をアンケート。賃貸住宅をプロデュースする会社にも、プロから見た新居選びのポイントを聞いてみました。

【Round 1】「駅からの距離」vs「部屋の広さ」

狭くても「駅から近い」部屋が人気

result
「駅からの距離」を重視43%
「部屋の広さ」を重視38%
該当なし・条件に入っていない19%

「駅からの距離」が短くなるほど賃料は高めになる傾向があり、予算内で探そうとすると「部屋の広さ」などは妥協しなければならないことも。駅近か、広さか。先輩花嫁のアンケートでは「ちょっとくらい狭くても駅に近い部屋」を選んだ人が多いという結果となりました。

駅からの距離を重視しました!
選んだ物件は駅から徒歩10分の距離。でもハイヒールを履いて歩くと15分くらいかかってしまう。実際に歩いてみないとわからないこともあると思いました。(かなさん)
駅からの距離を重視しました!
駅近を重視したために駅と家の間にスーパーがなく、仕事帰りにスーパーに行くのが面倒になってしまいます。(Emmyさん)
部屋の広さを重視しました!
広さにこだわって3LDKのマンションに決めたけど、ふたり暮らしに3部屋も必要なかったかも。むしろ掃除が大変!(shihoさん)
部屋の広さを重視しました!
広さを追い求めるあまり、駅近・通勤時間を妥協しました。が、毎日のことなので意外としんどい思いをするはめに!(おにぎりマンさん)
《迷ったらこう考える!》通勤手段が電車なら駅近物件を
賃貸住宅をプロデュースする大和リビングマネジメントの田中さんに聞いてみました。「駅からの距離、部屋の広さ、どちらを重視すべきかは、通勤手段によっても変わります。電車通勤なら、駅やバス停までの所要時間を重視したいもの。ただし、駅周辺の交通量や騒音なども要チェックです。車通勤なら、駅から離れた方が賃料や駐車場代が安く、広い部屋が見つかりやすいこともあるので、エリアを広げて探してみてもいいでしょう」

【Round 2】「通勤の利便性」vs「周辺の環境」

環境よりも「通勤しやすさ」に軍配が

result
「通勤の利便性」を重視58%
「周辺の環境」を重視30%
該当なし・条件に入っていない12%

通勤のしやすさを優先すると、どうしても混雑したエリアになりがちだけど、休日のことや今後の子育てのことなども考えると静かな周辺環境も大切。それらをてんびんに掛けた結果、多くの先輩花嫁が選んだのは「多少ゴミゴミしていても、通勤しやすい物件」でした。

通勤の利便性を重視しました!
駅から5分くらいの所に住んでいますが、通勤は毎日のことなので駅から近くて良かったと思っています。(みぽぽさん)
通勤の利便性を重視しました!
私の通勤事情を重視して今の所にしたが、1駅(電車だと5分以内)離れるだけで夫の通勤時間が20分も短縮できた。それならばもう1駅隣でも良かったかも。(れおんさん)
周辺の環境を重視しました!
裏が河川敷で眺めのいい物件に。自然豊かな環境はいいけれど、虫が多い。虫が大嫌いなので夏は心が休まらず、春秋はカメムシが大量飛来で窓も開けられない。(まなてぃさん)
周辺の環境を重視しました!
夫の職場から少し遠めの場所になってしまったが、彼にとっては結構な運動量になって体の調子が良いらしく、遠くても問題なかった。むしろ、市の中心部から離れることで、広い新築の部屋を安く借りられて大満足。(かおりさん)
《迷ったらこう考える!》共働きなら夫婦どちらかの職場の近くに
「仕事で夜遅くなり、一刻も早く帰宅したい人にとっては、通勤時間はストレスでしかありません。共働きなら、ふたりの通勤の中間地点より、家事の分担なども考えて、より負担が大きい人の職場に近い場所を選ぶのが夫婦円満の秘訣(ひけつ)かも。また、住まいは周辺環境も大事。仕事帰りに買い物ができるスーパーや、休日もふたりで楽しめる公園、ジムなどが充実しているといいですね」

【Round 3】「賃料」vs「立地条件」

家賃が上がっても「場所の良さ」を優先

result
「立地条件」を重視43%
「賃料」を重視32%
該当なし・条件に入っていない25%

賃料と立地条件をてんびんに掛けた結果、立地条件の良さを重視した人が多く、半数以上の先輩花嫁が「家賃がちょっとくらい上がっても、立地条件のいい所」を選んだという結果に。ところが、結果的に後悔している人もいるので、よく考えて決めたいところ。

立地条件を重視しました!
階数と賃料で悩んで高い階を選びましたが、結果日当たりが良く冬場も気持ち良いです。1階違うだけでだいぶ日当たりが違うので、上の階にして良かったねと彼とよく話しています。(kotonさん)
立地条件を重視しました!
初めての部屋探し。共働きということもあり、奮発していい部屋を借りたけど、生活してみると賃料が高くて思った以上に大変。引っ越しました(笑)。(愛さん)
賃料を重視しました!
最寄り駅からはバスで15分ほどですが、バス停からは徒歩3分ほどなので利便性は高いです。駅から離れているためバス停からの距離も大事だと痛感しました。(ikaさん)
賃料を重視しました!
賃料の安さで選んだけれど、一番近いコンビニまで徒歩15分もかかってしまい、もっと利便性の良い所にすればと少し後悔。(ちゃうめさん)
《迷ったらこう考える!》家賃+交通費で生活費を考えてみて
「立地条件がいいほど賃料は当然高くなります。結婚当初は何かとお金がかかるので、住居費はなるべく抑えたいというのも現実。出産予定のある夫婦なら、出産後に引っ越しをする可能性も含めて、余裕を持っておきたいですね。ただし、賃料の安さ重視で立地条件を諦めた結果、車が必要になって維持費がかかる、電車で移動するのに交通費がかかる、などということも。交通費なども計算に入れた上での生活費を考えてみましょう」

【Round 4】「賃料」vs「セキュリティー」

安心感より「家賃の安さ」派がやや優勢

result
「賃料」を重視42%
「セキュリティー」を重視29%
該当なし・条件に入っていない29%

賃料と立地条件では「立地条件」重視、でも賃料とセキュリティーでは「賃料」に軍配が上がってしまった、先輩花嫁アンケート。セキュリティーが充実しているに越したことはないけれど「家賃が上がってしまうくらいなら、こだわらない」という人が多かったようです。

賃料を重視しました!
実際住んでみたら、治安が微妙だった。次回は、反省を生かして駅周辺・町の治安も意識してエリアを選ぼうと思う。(寒天ぽんたさん)
賃料を重視しました!
当初「1階は嫌だな……」と思っていましたが、住んでみると駐車場まですぐだし忘れ物をしてもすぐ戻れるし、とても便利でした。(M.K. さん)
セキュリティーを重視しました!
防犯のことを考えて2階を選んだけれど、子どもが生まれて、ベビーカーでの移動のことなどを考えたら、1階でも良かったかなと思いました。(SAKUさん)
セキュリティーを重視しました!
親や友人の勧めでセキュリティーが充実した物件にしました。入居後、夜中に突然インターホンが鳴り、カメラの前に知らない人が立っていてとても怖い思いをしたので、セキュリティーは大事だと思いました。(真衣さん)
《迷ったらこう考える!》節約したことで盗難に遭ったら本末転倒
「セキュリティーが充実することで賃料が高くなるよりは、と考える人も多いようですが、セキュリティーは大事。万が一のことがあったら、大切なお金や物だけでなく、身の危険に遭遇してしまうかも。少しでも節約したいなら、1階でもセキュリティー設備が付いている、オートロックはないけれど防犯カメラ付きで人通りの多い道に面している、交番が近くにある、などの物件を。住みたいエリアの犯罪発生件数なども事前にチェックしてみましょう」

【Round 5】「人気のエリア」vs「中心から少し離れた郊外」

さまざまなこだわりで意見は半々に!

result
「人気のエリア」を重視34%
「中心から少し離れた郊外」を重視33%
該当なし・条件に入っていない33%

人気のエリアか、中心から少し離れた郊外かという選択は、先輩花嫁アンケートではほぼ半々に分かれるという結果に。人気エリアに住みたい気持ちもありつつ、みんな「そこで暮らす」という現実をきちんと見つめて新居を選んでいるみたい。

人気のエリアを選びました!
実家は夜中でも明るく人通りの多い所にあるので、同じような環境の物件に。ただ、駅前の商店街が夜やっていなくて、帰り道が少し暗いのは想定外でした。(純子さん)
人気のエリアを選びました!
繁華街なので、夕食を作るのが面倒なときは、徒歩圏内で行けるお店がたくさんあってとても便利です!(なつさん)
郊外を選びました!
田舎に移り住んだため、交通の便があまりよくなく、交通手段はほぼ車。1台でなんとかなると思っていたけど、ふたり同時に使いたいことも。駐車場を多めに借りておけば良かった。(彩さん)
《迷ったらこう考える!》ふたりにとっての「快適」を考えよう
「憧れの人気エリアに住みたいと思ったことがある人も少なくないはず。でも、無理して高い賃料を出して住み始めた結果、近所には高級スーパーばかり、散歩するにもおしゃれが必要、駐車場代も高くて車が持てない、などということも。一方、駅から遠くて不便そうでも、実はバスが充実している、徒歩圏内にスーパーや学校があるなど “住めば都”な物件が見つかることも。ふたりにとって何が快適なのかを話し合ってみてください」

From 編集部

ふたりの「優先順位」を明確にすれば満足度アップ

職場に近くて、駅から近くて、広くて……と新居への希望はどんどん出てくるけれど、予算内の賃料で探すのは大変。だから大切なことは、物件探しの前にふたりで話し合うこと。これからどんな暮らしをしたいのか、そのために重要なのは何なのか、ふたりの「優先順位」を確かめること。「これだけは譲れない」というポイントが明確で、それが叶えられれば、ほかの条件に目をつむっても満足度は高いはず。よく話し合い、納得できる新居探しを!

Profile

今回アドバイスしてくれたのは… 田中美紀さん 宅地建物取引士
不動産経営管理士
大和リビングマネジメント株式会社

賃貸不動産の管理会社で新サービス企画や、プロモーションに携わる。

”新しい借り方”をコンセプトに、初期費用ゼロプラン、連帯保証不要システム、無料で好きなサービスが利用できるD-room+など、新サービスの開発を行い、家族がもっと楽しく、豊かに暮らせる賃貸住宅の提供を目指している。

取材・文/前川ミチコ イラスト/泰間敬視 編集/小田真穂(編集部)

※記事内のデータならびにコメントは2016年11月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー132人が回答したアンケートによるものです
※掲載されている情報は2017年1月時点のものです