ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 結婚式二次会
  3. 結婚準備完ペキマニュアル
  4. 二次会お役立ちマニュアル
  5. 二次会の会場探し

二次会会場探しのことならゼクシィ

成功の秘訣がわかる「二次会お役立ちマニュアル」

成功の秘訣その2「3~4カ月前に会場を予約」二次会の会場手配

会場選びは慎重さとスピードが大切。人気シーズンや人気会場を狙うなら、披露宴会場が決まったら、すぐアクション。下見は幹事さんと一緒だと打ち合わせできて好都合。

成功の秘訣は、条件をはっきりさせ、足を運んで決めること

下見は幹事さんとの打ち合わせを兼ねて
披露宴会場が決まったら、すぐ動く

情報誌やネットで、気になる二次会会場の候補を多めにピックアップして、空き状況や予約に必要な金額をチェックしよう。下見は幹事さんと一緒がベストだけど、人気の会場はすぐ埋まるので早めの行動が基本。幹事さんにお願いするのに手間取りそうなら、まずはふたりでゲストの人数や予算をだいたい固めて、決めてしまう安全策もあり。

希望の雰囲気に合わせて場所選び
会場はレストランが人気

二次会の会場として一番人気があるのはカフェ・バー。貸し切りならプライベート空間のようにゆったり気兼ねなく気遣いなく過ごせる。2位のレストランは、おいしい料理が楽しめるので、ゲストにも喜ばれそう。

カフェ・バー
31.1%
レストラン
26.0%
ホテル式場の宴会場
15.1%

移動しやすさなどを確認
足を運んで納得いく選択を

会場選びの条件は、右のデータの通り。忙しくても実際に足を運んで、最寄り駅からの距離や会場のレイアウトや広さ、食事の内容などを確認してから決めたい。

会場選びのポイント(複数回答)
1位交通の便が良いこと60.4%
2位価格が手頃であること50.4%
3位挙式、披露宴・披露パーティ会場から近いこと50.2%
4位おしゃれであること40.9%
5位内装や設備が良いこと30.0%

遅くとも3カ月前には決めたい
人気会場は早め予約が基本

結婚式や忘年会シーズンには、人気会場は大安・友引の土日・祝日からどんどん予約で埋まってしまう。「危なそう」と思う人は披露宴会場が決まったら、そのほかの準備と同時進行で会場選びを始め、幹事さんにお願いするころにはめどが立っているようにして。

会場決定・予約時期
選び始め
5.7カ月
>
決定・予約
4.4カ月

リザーブ時間、ドリンク、NG事項など
時間やサービス内容も確認を

会場選びではリザーブ時間も要注意。幹事さんが先に入り、終了後撤収するまでの時間を確保して。ドリンクはお酒が飲めない人の負担感を減らすため、フリードリンク制がおすすめ。またクラッカーやシャボン玉NGなど、NG事項が厳しい会場もあるので確認を。

イラスト
  • 二次会会場を探す

無理のない、妥当な予算&会費設定をしよう

ふたりの負担額や、幹事さんへのお礼も考えて
全体予算を把握して、会費を決定

会費の相場は下記の通り。会費は、おおまかな総費用から算出するのが一般的。このとき新郎新婦の負担額、演出の備品や景品の予算、幹事さんの会費はどうするか、などをはっきりさせて。会場の予約金や備品購入費は、まずはふたりが負担するのが一般的。

会費の平均額
男性 6300円/ 女性 5500円
二次会の総費用
平均 28.7万円
イラスト
  • 二次会会場を探す

先輩花嫁の失敗談&成功談~会場選び編~

スタッフが協力的で気持ちよく準備が進められた
会場のスタッフが二次会運営に慣れていて、いろいろ提案してくれ、楽しく準備できた。スタッフの態度がよそよそしく、気兼ねして質問ができないような会場は避けた方が無難。
控室が広いと便利。地下なら周囲を気にせず楽しめる
着替えスペースが広くて大助かり。景品やプチギフトを置くことができ、お色直しもゆとりがあってやりやすかった。地下だったので夜でも大きな音を出しても平気だった。
披露宴と同じ会場なら準備も当日もすごく楽
披露宴と同じ式場内の会場だったので、披露宴のプランナーさんと二次会の準備ができてすごく楽だった。ウエルカムボードや装花などをそのまま持ち込めるのも、便利。
子ども連れのゲストに配慮したメニューや空間使いが大好評
赤ちゃん連れのゲストがいたので、お子さまメニューがあったり、おむつ替えスペースがあったのは、とても喜ばれた。喫煙用のガーデンスペースも好評だった。
ゲストの人数が決まらないならちょっと大きめの会場が安心
二次会の会場に対して人数が多くなってしまい、席の配置がすごく大変だった。予約のときに人数が確定できないなら、予定よりゆとりある広さの会場にした方が安心。
冬場にオープンスペースはきつい!憧れより過ごしやすさを優先すべき
憧れていたオープンスペースの会場を選んだけれど、結婚式は12月。ゲストに「温かい格好で」と厚着をお願いをしなければならず、おしゃれな雰囲気を味わう余裕がなくて残念。
「人数が少なすぎてできない?!」急いで別の会場に変更
二次会の会場に「最低保証人数」があることを知らなくて、ゲスト人数不足で急きょ別の会場を探すはめに!!いろいろなルールをもっときちんと会場に聞いておくべきだった。
イラスト

※データ出典:「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」

二次会の会場探し