ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 結婚準備完ペキマニュアル
  3. 「結婚の費用」まるわかりガイド
  4. 結婚式の料金明細・見積りの基礎知識

結婚式の料金明細・見積りの基礎知識

結婚式に掛かる費用は、ゲスト人数だけでなく、いろいろな条件やこだわりで大きく変動するもの。料金明細の基本と金額が変わるポイントもチェックしておこう!

料金明細ってどういう構造になっているの?

会場から最初に出される挙式・披露宴料金の明細表は、基本的な必要最低限の項目や、それを含むプランが多い。そのため、最終料金明細までに料金が変化するケースが大半。見積りのタイプには、ふたりの希望に合わせて項目ごとの内容やランクなどを選んでいくフリープランと、挙式料と衣裳・料理などの基本的なアイテムがセットになったパックプランがある。パックプランの場合は、プラン内容をベースに必要に応じて項目や数量を変更していく。

「見積り」と「最終料金明細」の違い

「見積り」は、会場との打ち合わせ時に項目内容やアイテム数の増減などで変動していく。「最終料金明細」は、ゲスト人数や項目内容など、全てが確定した段階で出してもらえる。ただし、当日、ゲストの着付けや追加ドリンクなど予定外の料金が発生することもある。また、外部のショップに一部のアイテムを手配した分は最終料金明細に含まれないこともあるので注意。

【料理・飲物関連】
料理はコースの内容により料金が異なる。子ども向け料理を用意している場合もあるので、必要があれば会場に要確認。
【会場関連】
挙式料はキリスト教式・神前式など挙式のスタイルで異なる。席料・会場費はゲスト人数分で計算されることが多い。
【ブーケ・装花関連】
ゲストの卓数やお色直し用ブーケの有無だけでなく、どういう花材を選ぶか、どれくらいのボリュームにするかで大きく変わる。
【衣裳・着付け関連】
衣裳や着付けは着る点数や種類で大きく異なる。ドレスから和装へのお色直しは逆の順番より割高になることも。
【ペーパーアイテム関連】
アイテムの単価×ゲスト人数で料金が変化する。
【引出物関連】
引出物や引菓子を入れるペーパーバッグも計算に入れておこう。提携店以外で手配した場合は持ち込み料を確認。
【スナップ写真】
カット数や撮影時間、アルバムの種類によって変動。撮影シーンを追加したり、フォトグラファーの指名料が別途掛かることも。
【サービス料】
料理・飲物・ケーキなどの飲食代に掛かる料金で10%のところが多数。会場によっては、会場費や装花費などを対象に含むことがある。
料金明細例 挙式日:2015年9月23日
人数:大人80名
項目 単価 数量 金額
料理 12,000円 80 960,000円
飲物 3,800円 80 304,000円
ウエディングケーキ 1,000円 80 80,000円
挙式料 157,500円 1 157,500円
席料・会場費 700円 80 56,000円
控室料 15,000円 2 30,000円
介添料 20,000円 1 20,000円
司会料 60,000円 1 60,000円
ブーケ&ブートニア 30,000円 1 30,000円
テーブル装花 5,000円 10 50,000円
メインテーブル装花 50,000円 1 50,000円
新婦衣裳 300,000円 1 300,000円
新郎衣裳 120,000円 1 120,000円
美容着付け 55,000円 1 55,000円
招待状印刷 500円 65 32,500円
招待状筆耕料 250円 65 16,250円
席次表 600円 65 39,000円
席札 200円 65 13,000円
芳名帳 5,000円 1 5,000円
引出物 4,200円 65 273,000円
引菓子 1,575円 65 102,375円
ペーパーバッグ 300円 65 19,500円
スナップ写真 200,000円 1 200,000円
サービス料     134,400円
小計     3,107,525円
消費税(8%)     248,602円
合計     3,356,127円

金額が変わる要因って?

同じ会場で挙式・披露宴をしているのに、見積り金額に差が出ることも。要因はさまざまあるが、今回は「挙式日・契約時期」「人数」「挙式・披露宴へのこだわり」の3つをご紹介。大きく変動するポイントをチェックして、納得のいくプランニングをしよう!

要因1:挙式日・契約時期

日取り・時間帯などで差が出やすい

挙式日が平日と土日祝日、オンシーズンとオフシーズン、大安と仏滅、午前・午後・夜間の挙式時間帯によっても、挙式料やプラン料金が変わってくる。お日柄や時間帯にこだわらなければ、数万円〜数十万円以上お得になるケースも。逆に、挙式日や時間帯は絶対に譲れない人は、見積りをもらう前に希望日時を伝えて挙式料を確認しておこう。契約時期によって料金が変わることもある。

※会場によって要因が異なる場合があります。
  費用のプラス要因 費用のマイナス要因
季節 春(3月~5月)
秋(9月~11月)
夏(6月~8月)
冬(12月~2月)
六輝 大安・友引 仏滅
曜日 土・日・祝日 平日
時間帯 午後
お得なプランもあり

【挙式日や準備期間が限定されているプラン例】

  • 季節限定
  • 平日限定
  • ナイトウエディング
  • 仏滅/お彼岸
  • 挙式日の1年程度前に会場予約の契約をする早割/特割
  • 挙式日の3カ月程度前に会場予約の契約をする直近割
    …など

期間や季節限定でキャンペーンを実施していたり、日取りや時間でも、お得なプランが設定されていることがある。契約日による割引については、プランで表示されていることもあるが、見積りをもらったときに確認してみよう。

要因2:人数

ゲスト1人の増減で数万円の変動

料理・飲物・ペーパーアイテム・ギフトなどは、アイテムの単価やゲスト人数の変更で合計額がかなり変わる。また、人数が増えることでウエディングケーキが大きくなったり、広い披露宴会場に変更して会場費がアップすることもあるので、ゲスト人数は見積りをもらう前にある程度は把握しておきたい。

お得なプランもあり

【人数が限定されているプラン例】

  • 少人数ウエディング
  • ふたり挙式
    …など

家族や親族だけの結婚式、ふたりきりの挙式など、少人数のプランを用意している会場も。結婚式をしないつもりだったり、両家の家族の顔合わせの食事会のみを考えているなら、プランを活用して、一生の思い出に残る挙式をしてみては?

要因3:挙式・披露宴へのこだわり

アイテム次第で大きく左右される

衣裳や写真・ビデオ撮影は、数万〜数十万円と単価が高額なので、数量を増やしたり、グレードアップすると、その分だけ差が出てくる。料理のランク、会場装飾、披露宴の演出など、こだわるポイントによって金額の増減は様々。まずは、自分たちが結婚式で本当にこだわりたいポイントを明確にして、アイテムを選択すれば、満足度の高い結婚式を実現することができる。

お得なプランもあり

【こだわりがメインのプラン例】

  • 挙式スタイル別
  • ふたりだけのオリジナルウエディング
  • 地元婚
    …など

必要最小限の項目でリーズナブルなプランを選び、手作りアイテム、自作の映像演出などで、オリジナル結婚式にする方法もある。ふたりがこだわっていることが明確なら、それにピッタリのお得なプランを探してみるといいかも。

結婚式の料金明細・見積りの基礎知識