ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ドレス、エステ、ブーケ
  3. 結婚準備完ペキマニュアル
  4. 結婚式に一番キレイになる♪直前からゆったりスケジュールまで 期間別 花嫁「美プロジェクト」

3カ月前から始めるあなたには 一番多くの花嫁が選んでいる!3カ月前から始める美プロジェクト

結婚準備が忙しくなるこのころは、疲れやストレスがたまりがち。
そんなときだからこそ、リラクセーションも兼ねた花嫁ビューティを楽しみたいですよね。
肌トラブルや日ごろ行き届かないボディパーツのケアと、
日常の中でもできるエクササイズも取り入れて、ピカピカの花嫁姿を目指しましょう!

3カ月前から始める美プロジェクト ブライダルエステ&ホームケア スケジュール

※モデルケース例なので具体的な内容はサロンと相談をしてね

ポイント1

式当日まで3カ月あれば、一般的なお肌の悩みをしっかりケアすることが可能。全身トリートメントを交えながら、肌質やくすみ改善など、花嫁ビューティには欠かせない輝くボディを目指したい。体のリズムに合わせてコンスタントに施術を受けることが大切。

ポイント2

体のお悩みや気になるパーツを中心に、ケアしたいメニュー計画を立てる。ノースリーブドレスも自信を持って着こなすためには、自分では気付きにくい背中や、普段露出することが少ない二の腕・脇は、式当日までにしっかり磨いておきたい重要ポイント。

ポイント3

保湿・水分補給や睡眠時間の確保など、基本的な日常生活のリズムを整えることは花嫁ビューティにとって必須項目。プロの手を借りながら、自分で毎日続けられるエクササイズを取り入れて、外側はもちろん内側からも磨いて美の相乗効果を狙う。

3カ月前から始める人におすすめのコース

肌トラブル改善

ストレスによる肌荒れや、開いてしまった毛穴をケア。花嫁スマイルに映えるピカピカのお肌を目指そう!

くすみ&日焼け対策

乾燥によるくすみや、紫外線を浴びてできた日焼け跡&シミのケア。白ドレスにふさわしい輝く美肌へ

二の腕&背中の引き締め

手を振るとプルプル揺れる二の腕&ドレスの背中に乗っかるむっちりお肉。たるみのないスッキリ上半身に

花嫁からの声

ストレスや疲れを癒やせました

3カ月だと、集中力が途切れず、エステで教えてもらったセルフケアにも真剣に取り組めるくらいの期間だったと思う。結婚式前に知らずにたまっていたストレスや疲れをエステで癒やせました♪

納得の効果で後悔なし!

エステに行く贅沢は、一生のうちで今だけだと思い、3カ月をチョイス。長いスパンで通えたので、納得の効果を得られました。後悔なし!

ゲストに美肌を褒められまくり♪

一週間に一度のペースで通えて、ちょうどよかったです。疲れていたのでエステ中もよく眠れました。そのかいあってか、当日は出席者の女性ほとんどが肌のキレイさを褒めてくれました!

妊婦になった今でも通ってます

挙式が11月だったので、夏の暑い時期から紫外線対策もしつつ、完璧にケアできました! いいサロンに巡り合えたので、妊婦になった今でも通っています。

腕が少し細くなった!

二の腕や背中がひどい状態だったのでエステに通うことを決意。早めに取り掛かると何カ月でこのくらい~と計画が立てやすいので安心感がありました。結果、腕が少し細くなり、自分でも意識して努力するようになりました♪

回数も料金もちょうどいい!

2~3カ月前は、挙式に向けて気持ちが盛り上がっているのでちょうどよかったです。忙しい時期でしたが、疲れも取れてダブル効果でした。回数・金額ともに満足しています!

1カ月前から始めるあなたには 短期間でも最大限の美しさを手に入れる!1カ月前から始める美プロジェクト

結婚式当日まであまり時間がない花嫁さんは、カウンセリングを受けながら
短期間で最大限の効果が期待できるコースを厳選することが何より大切。
フェイシャルや背中、二の腕などドレスから露出する部分とお悩みパーツを絞った集中ケアを。
花嫁には欠かせないシェービングを加えて自信のあるドレス姿に!

1カ月前から始める美プロジェクト ブライダルエステ&ホームケア スケジュール

※モデルケース例なので具体的な内容はサロンと相談をしてね

ポイント1

短期間で最大限の美しさを手に入れるキーワードは、改善したいパーツを絞って集中的にケアすること。まずはカウンセリングで肌の状態確認と体の悩みを相談し、28日間と言われる肌の生まれ変わりサイクルに合わせれば、ピカピカお肌も夢じゃない!

ポイント2

美しい花嫁姿を目指すのに、必ず加えておきたいのがシェービング。フェイシャルや背中のうぶ毛と、肌表面にある古い角質を除去することでワントーン明るいお肌に。化粧ノリもよくなり、式当日のヘアアップの仕上がりはもちろん、後ろ姿もより美しく。

ポイント3

肌の状態を美しく保つために、日常生活の中でもしっかり保湿を。就寝前は全身にボディクリームを塗り込み、日中も水を多く飲むことで内と外から潤いを。式準備に追われるこの時期は、寝不足になりがちなので1日のスケジュールも無理なく立てるよう心掛けて。

1カ月前から始める人におすすめのコース

背中集中ケア

ドレスで意外に注目される後ろ姿。肌のザラつきケアと保湿で、透明感のあるスベスベお肌をGET

フェイシャルケア

人生最高の笑顔に、吹き出物やくすみは絶対NG。メイクがしっかり映える潤いとハリのあるお肌へ

シェービング

自分でケアしにくい背中や顔のシェービング。肌トラブルを避けるために、お試しから始めるのがおすすめ

花嫁からの声

追い込みが頑張れた

毎回違うメニューが組み込まれていたので、新鮮に楽しく通えました。食事のことなど、他の部分の意識も高まり、挙式までの追い込みが頑張れました!

ちょうどいい時期に通えました

ようやく結婚することの実感が湧いてきたころだったので、いい時期にケアできたな、と思います。金額も予算内でおさまりました。

肌の調子がよくなった♪

仕事の忙しい時期を避けてできたのでちょうどよい期間でした。肌の調子もよくなって大満足です!

お値段もお手頃

直前プランだと少し不安でしたが、2~3回でも肌の状態は整いました。お値段もお手頃だったのでよかったです。

6カ月前から始めるあなたには じっくり時間をかけて磨き上げる!6カ月前から始める美プロジェクト

結婚式当日まで時間的な余裕があるので、気になるパーツの改善や体の
お悩みをしっかりとケアすることができる。
外側をしっかり磨きながら、食生活や生活リズムの改善、エクササイズなどを織り交ぜて
内側からも整えることで満足度の高いパーフェクトボディに!

6カ月前から始める美プロジェクト ブライダルエステ&ホームケア スケジュール

※モデルケース例なので具体的な内容はサロンと相談をしてね

ポイント1

カウンセリングで体の状態を把握し、長期的に通える綿密なコースプランを立てる。6カ月前から準備すれば、お悩みパーツはもちろん、体質改善や美白、サイズダウンなど時間のかかるメニューもより効果的に。ゆったり取り組めることで精神的な安心感も。

ポイント2

6カ月間ケアに時間がかけられるので、入浴やマッサージなどのホームケアと、日常生活の中での日焼け対策や保湿・水分補給を行うことでその差は歴然。季節の変わり目は肌トラブルが起きやすいので、体の状態を確認しながら毎日のケアを心掛けて。

ポイント3

早寝・早起きなどの生活習慣や、デトックス効果の高い野菜を多く取る食生活で体質を中から改善。湯船に浸かって体を温めるだけでも代謝が上がり、潤いはもちろんハリと透明感のある艶やかなお肌に。長く続けられるエクササイズや、運動を取り入れるとより効果的。

6カ月前から始める人におすすめのコース

ボディ全身ケア

マッサージやトリートメントでバランスのとれたメリハリボディへ。式直前はストレスの解消にも

小顔・リフトアップ

加齢や疲れで生じるたるみやむくみを改善。表情筋がしっかり働くハリと潤いたっぷりの花嫁フェイスへ

肌質改善

毛穴のつまりや肌のくすみ、乾燥で硬くなった角質をしっかりケア。ドレス映えする柔らかく美しい肌に

花嫁からの声

意識が上がり、普段のスキンケアも気にするように

直前に詰め込むと式の準備も重なり大変だったと思うので余裕を持って始めてよかったです。また時間をかけて通うことで自分の意識も上がり、普段のスキンケアも気にするようになりました。

エステティシャンのアドバイスがもらえる!

長期的に通っていると、エステティシャンの方に冷静なアドバイスをもらえるので、体重管理などとても助かりました。

結婚式が終わった後も役立つ

肌への意識が半年前から高まることで、ゆっくり焦らずに肌質改善が行えました。結婚式が終わった後も役立つと思います!

みんなに「痩せたね」「キレイになった」と言われた

早い時期からケアをしたことで、ゆっくり引き締めることができ、肌も整いました。結果、みんなに「痩せたね」「キレイになった」と言われて大満足です!

いろいろなお店を回って、ぴったりのサロンをみつけた

余裕を持って始めたことで、いろいろなお店を回ることができ、自分にぴったりのサロンを探すことができました。気持ちがよかったし、実際キレイになれたと思う!

輝くような白肌で、友人に褒められました

肌のコンディションが季節によって違うので、式当日までにじっくりお手入れができました。特に、二の腕や背中はかなり引き締まったので、じっくり通って本当によかったです!

取材協力/VAN-VEAL(ヴァン・ベール)