ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. カップルのホンネ通信 vol.129

カップルのホンネ通信

vol.129

先輩花嫁に聞いた
ハネムーンで「やっておいた方がいいこと」

結婚式と同じくらい楽しみなハネムーン。実は、これをやっておくともっと楽しめたり、いい思い出になる、というポイントがあるんです! 先輩花嫁に「やっておいてよかったこと」聞いてみました。

イラスト
みんなのリアルボイス

ハネムーンで「やっておいてよかったこと」聞きました!

ハネムーンに行くにあたり、「これをやっておいたらハネムーンがもっと楽しめた!」ことについてアンケートを実施。先輩花嫁の声が多かった順に紹介します。

1 ハネムーンであることをしっかり伝える

飛行機でもホテルでもレストランでも、ハネムーナーにはちょっぴり特別なサービスや対応をしてくれるもの。旅行会社のハネムーンプランを利用すれば、自動的にハネムーナーとして特別扱いしてくれます。そうでない場合も、ホテルやレストランを予約するとき、「ハネムーンでの利用」だとしっかりアピールして。何かいいことがあるかも!

ハネムーンプランで旅行を組んだので、宿泊するすべてのホテルでハネムーンのセットがしてありました。シャンパンやチョコレートがおいてあったりと、非日常的なサービスで嬉しかったです。(もこさん)
飛行機の中で寝ていたら、添乗員さんに起こされ、何だろうと思ったらハネムーンのサービスでした。ケーキとシャンパン、手書きのメッセージカードをいただき、写真も撮ってもらいました。サプライズだったのでびっくりでしたが、とても嬉しかった。(れいさん)
2 素敵な写真をたくさん残す

日頃なかなか出会えない景色を見られるのもハネムーンの醍醐味。「素敵な景色をバックに、結婚したばかりのふたりの写真を残さないともったいない!」と現地でのフォトツアーをお勧めする声が続々と届いています。フォトツアーをしない場合も、フォトプロップスなどを用意して、ハネムーンならではの写真を残して。

ハワイの海辺でハネムーンフォトを撮ってもらいました。ドレスを着て、きれいな海とともにいろんなポーズで撮影。ハネムーンのときしかできないことなので、すごく楽しみました。(きょんすさん)
部屋でもドレス&タキシードでの写真を撮るためにペタル(花びら)を用意。ベッドの上にまいて撮影したら、SNSなどで見掛ける素敵な写真を残すことができました。また、映画の撮影に使うカチンコを用意。毎日、日付を書き換えて写真を撮りました。(ゆいさん)
3 おそろいのグッズを用意する

普段はなかなかできないペアルックやリンクコーデに挑戦できるのも、ハネムーンならでは。旅の恥はなんとやら、というように、「旅先では開放的な気持ちになって、照れくささも吹っ飛んでしまう!」という声が多く寄せられました。事前に用意するもよし、現地で調達するもよし、ふたりで思いっきり楽しんじゃいましょ♪

ハネムーン先で ”JUST MARRIED” と書かれたTシャツを購入し、ペアルックに! 日本では恥ずかしくてできないけど、現地では自然にできて、楽しかった。(S.Yさん)
おそろいのデニムシャツを用意し、訪れた各地でリンクコーデの写真を撮りました。ヨーロッパの街並みに映えたし、新婚旅行ならではの思い出に残るお気に入りの写真が残せました。何かおそろいのものを準備しておくと特別感が出てよいと思います。(nonohanaさん)
イラスト

せっかくのハネムーン。
思いっきり楽しまないともったいない!

ハネムーンは、ふたりにとって特別な思い出の旅行になるのはもちろん、たくさんの人からも祝福を受けられる、とても幸せな時間になるはず。ハネムーナーであることを思いっきりアピールしちゃいましょう。そして、素敵な写真を残すための準備もしっかり整えて、一生の思い出に残る旅にしてくださいね!(おだ)

取材・文/前川ミチコ D/タテノカズヒロ 構成/小田真穂(編集部)
※記事内のコメント並びにデータは2017年7月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー77人が回答したアンケートによるものです

ページの先頭へ戻る