ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. What a Wonderful Wedding! on Web
  3. Vol.17 大人の英国風クラシカルスタイル

What a Wonderful Wedding!

「したい」を叶えた先輩の結婚式実例集

Vol.17

大人の英国風クラシカルスタイル

共にプロのダンサー同士というふたりは、ダンスの本場イギリスが大好き!
演出や小物に英国モチーフをちりばめて、大人のクラシカルスタイルを演出した。

Wonderful Point

ふたりらしさ

英国のエッセンスを盛り込んで

海の見える高台に英国人貿易商が建てた邸宅で、披露宴と二次会の2部制パーティを行ったふたり。新婦はクラシックバレエ、新郎は社交ダンスのインストラクターというだけあって、クラシックカーで登場すると、軽やかにダンスのステップを披露。とびきりドラマチックにオープニングを彩った。

  • 新婦のバレエ教室の生徒や親族の子どもたちが、おそろいの衣裳で祝福! ロイヤル感のある印象的なワンシーン
  • 「結婚してくれてありがとう」。愛の言葉とともに、新郎から新婦へ花束をプレゼント
  • 料理長が自ら登場し、ローストビーフをフランベして仕上げ。そのままカットしてゲストへサーブ
  • ゲストテーブルのナンバーは、イギリスをはじめとした国旗をデザインして、ふたりの好きな都市名に
  • 暑い季節だったので、うちわを用意。ロンドンバスなど、英国モチーフでかわいらしく

ページの先頭へ戻る

Wonderful Point

大好きな人との時間

家族やゲストのサポートで

ダンスが日常のふたりにとって身近な人たちは心の支え。この日は家族や友人はもちろん、新婦のバレエ教室の生徒も集まって祝福&サポートしてくれた。その気持ちに応えるために、複数人が取れるブーケトスや独身男性対象のブロッコリートスなど、参加型の演出を用意。笑顔いっぱいの時を過ごした。

  • 美容師の母による着付けや手作りのアクセサリーで、思い描いた通りの花嫁姿に
  • 独身男性がノリノリで参加したブロッコリートス。新郎兄が見事にキャッチすると、温かい拍手が贈られた
  • 新婦友人は、仲良し3人組のロンドン旅行のエピソードなどをゲストに披露
  • 新郎と出会うまでクラシックバレエ一筋だった新婦を、家族がずっと後押ししてくれたそう。一番のファンでもあるので、喜びもひとしお!
  • 挙式は新郎のふるさと、淡路島の神社で厳かに。記念の品とともに写真を飾ってゲストに報告

ページの先頭へ戻る

Wonderful Point

カジュアルな二次会

邸宅を貸し切り、立食スタイルで満喫

夜の二次会は、邸宅の雰囲気を存分に生かしたパーティに。ダンスの衣裳に着替えたふたりは、新郎のスマートなエスコートでホワイエに現れると、いきなり華麗なダンスを披露。おもてなしは立食のビュッフェスタイルを選び、ふたりは自由に部屋から部屋へ移動して、ゲストとの交流を楽しんだ。

  • ゲストの中心で再び会場の主役となって輝いたふたり。最後までみんなの視線をくぎ付けにした
  • 歴史ある邸宅が、この日はふたりの新居のよう。フルーツたっぷりのケーキに仲良くケーキ入刀
  • 邸宅を貸し切って行われた二次会。誰もが好きな場所で思い思いにくつろぐという、大人の時間が流れていた
  • ゲストとの歓談も、明石海峡に輝く月を見上げながらロマンチックに

ページの先頭へ戻る

榎本 誠さん & あずきさん ダンスのパートナーを探していた新郎に引き合わせられた新婦。最初は軽い気持ちのつもりだったが、運命の出会いに!

会場
ジェームス邸(兵庫県神戸市)
挙式日
2016年7月18日
ゲスト数
79名
  • 当日のタイムスケジュール
  • 15:40

    新郎新婦がガーデンへ入場
    ブロッコリートス、ブーケトスなど

  • 16:00

    披露宴スタート

  • 16:40

    友人スピーチ

  • 17:25

    ローストビーフのフランベの演出
    新郎から新婦へ、花束贈呈

  • 18:30

    披露宴お開き・送賓

  • 19:30

    二次会スタート
    社交ダンスの披露、ケーキ入刀、歓談など

  • 21:00

    二次会お開き・送賓

What a Wonderful Wedding! on Web 一覧はこちら