ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. What a Wonderful Wedding! on Web
  3. Vol.8 自宅のようなリラックス感を演出

What a Wonderful Wedding!

「したい」を叶えた先輩の結婚式実例集

Vol.8

自宅のようなリラックス感を演出

「派手な結婚式は私たちらしくない」と、アットホームな雰囲気を重視したふたり。
披露宴前にプレパーティを行うなど、プログラムもゲストとの交流を大切にした。

Wonderful Point

カジュアルスタイル

距離感を大切にゲストの近くで過ごす

自宅にゲストを招くようなアットホームさを重視して会場を探していたふたり。広過ぎない理想通りの規模感で、アンティークの装飾が落ち着いた雰囲気のレストランに出合い「ここだ」と即決。プレパーティではゲストとたくさん話ができ、「肩肘張らずに過ごす時間を大切にしたい」との希望も実現。

  • 初めてお互いの衣裳を見たファーストミート。照れているふたりを、窓からほほ笑ましくのぞくゲストの姿も
  • プレパーティでは、ゲストと写真を撮ったり、生演奏を楽しんだり。お互いの友人とも気軽に話ができて、リラックスした時間になった
  • 大皿でサーブされた仔豚の丸焼き料理は、「インパクトのある演出を」と取り入れたもの。ワイワイとみんなでシェアしてもらった
  • あえて大きな会場は選ばなかったふたり。挙式もゲストとの距離感が程よく、「みんなに見守られている感じがしました」

ページの先頭へ戻る

Wonderful Point

家族とつくる

演出やアイテムで、家族にスポットを

アットホームな雰囲気は披露宴でも変わることなく、席に座ったままゲストとふたりが話せるくらい距離が近い空間で、ゲストと同じ目線で過ごした。家族をフィーチャーする演出も和やかムードを醸し、「緊張することも、段取りに追われることもなく、みんなの笑顔を間近で見られて幸せでした」。

  • サプライズで両家の親にケーキの食べさせ合いをしてもらった。おちゃめな親たちの姿にゲストもにっこり
  • 挙式前、母と2人きりの時間をつくり、ベールダウンを。「母が泣きそうだったので、私も涙が出そうでした」
  • プレパーティでウッドベースを披露したのは、新婦・香織さんの弟。「姉として、とても誇らしい気持ちになりました」
  • ウエルカムドールは、香織さんの父と母が作ってくれたもの。リングピローは両家の母が合作してくれた

ページの先頭へ戻る

Wonderful Point

おしゃれなアイテム

アンティークな雰囲気を大切に

コーディネートはアンティーク調で統一し、大人っぽさを演出。装花はトーンを抑えた色みをベースに季節感のある桜をアクセントにして好評だった。会場の雰囲気に似合うよう、ドレスもレースを基調としたクラシカルなデザインを選び、ブーケもシックにアレンジしてトータルの完成度をUP。

  • ペーパーアイテムをはじめ、テーブルコーディネートも落ち着いた色合いでまとめた
  • ウエルカムスペースを飾った額入りの花は、佑太郎さんがプロポーズに贈ったバラを加工したもの
  • メイン卓の装飾は、アンティークカラーの花々にフォトフレームを合わせて
  • ヨーロッパの街並みを思わせる空間に、クラシカルなドレス姿が映える

ページの先頭へ戻る

川口 佑太郎さん & 香織さん 香織さんがアルバイトをしていたフットサル場の常連が佑太郎さんだった。友達期間を経て、お付き合いに発展。

会場
ボンボンボン ラ フェメゾン(東京都港区)
挙式日
2016年3月20日
ゲスト数
62名
  • 当日のタイムスケジュール
  • 08:50ファーストミート
  • 09:00挙式リハーサル
  • 10:00挙式スタート
  • 10:30

    プレパーティスタート
    生演奏、フリーラウンド、撮影タイムなど

  • 11:30披露宴スタート
  • 12:25ケーキ入刀
  • 12:40テーブルラウンド
  • 13:05テーブルインタビュー
  • 14:00お開き

What a Wonderful Wedding! on Web 一覧はこちら