ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. What a Wonderful Wedding! on Web
  3. Vol.7 古き佳き祝言式で伝えた絆と感謝

What a Wonderful Wedding!

「したい」を叶えた先輩の結婚式実例集

古き佳き祝言式で伝えた絆と感謝

Vol.7

古き佳き祝言式で伝えた絆と感謝

「家族が大好き」というふたりが目指したのは昔ながらの結婚式。挙式は懐かしい
祝言スタイルを選び、披露宴は祭りをテーマとして、心温まる一日をつくり上げた。

Wonderful Point

伝統的な結婚式

ふたりが好きな「和」にこだわって

「高齢のため出席できない祖母に花嫁姿を見せたい」と、新婦・あゆみさんは実家でお支度を。地毛結いの日本髪に角隠しという花嫁姿で、祖父母や近所の人々に見送られて会場入りした。そうして迎えた祝言式では、お水合わせや親族盃の儀を通し、大切な絆や感謝など言葉にできない思いを皆に伝えた。

  • 両家の繁栄とふたりの門出を祝う獅子舞も登場。列席者や新郎新婦の頭をかんで祝福した
  • 結婚指輪は、新婦母と祖母の指輪を溶かして作ったオリジナル。「家族の歴史を形として残したい」との思いが込められている
  • ケーキカットではなく「餅つき」を選び、いとこやめいを指名して親族にもスポットを当てた。掛け声も入り、にぎやかな演出に
  • 挙式の後は、日本庭園で「折り鶴シャワー」。折り鶴は友人や家族を交えてみんなで作ったもの

ページの先頭へ戻る

Wonderful Point

家族との絆

「ありがとう」をサプライズで

披露宴では新郎・章裕さんがサプライズでプロポーズを行い、あゆみさんは電報を使ってサプライズ返し。互いに涙ぐむ新郎新婦に感動の拍手が送られた。また、花嫁支度の仕上げやお色直しのエスコートをお願いするなど、家族参加型の演出をたくさん取り入れたのも、ふたりのこだわりだった。

  • 祝言前の「対面の儀」では、父母に感謝の気持ちを伝えた。涙を流す父と優しくほほ笑む母に、新婦も感極まる
  • プロポーズがなかったふたりは、ゲストの前できちんとプロポーズ。長く楽しめるようにと、ブーケはプリザーブドフラワーをセレクト
  • 嫁入り支度の仕上げ「紅差しの儀」。新婦の母が「おめでとう」と言葉を添えて紅を差してくれた
  • お色直しの退場時、新郎は母をエスコート役に指名。笑いを交えた親子の明るいやりとりに、会場からも温かい拍手が

ページの先頭へ戻る

Wonderful Point

ふたりらしさ

縁日のような「にぎやかさ」を演出

披露宴のテーマは祭り。駄菓子や水風船を使って縁日のような「にぎやかさ」をつくり出し、年配者には懐かしく、若い人にはどこか新鮮さを感じるひとときに。“古き佳きもの”にこだわった結婚式は、ゲストの記憶に残るだけでなく、結婚の意味をあらためて考えるきっかけにもなったそう。

  • 新感覚のバルーンリリース「ドロップ&フライ」。池に投げ入れた風船が次々と青空へ舞い上がり、みんな笑顔に
  • プチギフトは新婦が幼いころから慣れ親しんだ地元のしょうゆ。「この味で新しい家庭を築いていくのを見守ってほしい」との思いで選んだ
  • あゆみさんの実家の祭り「村上大祭」に合わせ、7月7日に婚姻届を出したことにちなみ、祭りや縁日の雰囲気を演出
  • 船大工だった新婦の祖父が作った北前船とウエルカムびょうぶ。和の趣が引き立ち、年配のゲストにも好評だった

ページの先頭へ戻る

江守 章裕さん & あゆみさん 学生時代に出会い、レトロなものが好きで意気投合。趣味の御朱印集めや旅行を楽しみ、1年の同居を経て結婚。

会場
ザ・ガーデンプレイス 小林樓(新潟県見附市)
挙式日
2015年7月19日
ゲスト数
82名
  • 当日のタイムスケジュール
  • 12:45紅差しの儀、対面の儀
  • 13:00

    祝言式・開式
    お水合わせの儀、献花、
    朱染めの儀、親族盃の儀など

  • 14:00披露宴・開宴
  • 14:30餅つき
  • 14:40フォトラウンド
  • 15:35お色直しの再入場
  • 15:45ドロップ&フライ
  • 16:40お開き

What a Wonderful Wedding! on Web 一覧はこちら