ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. What a Wonderful Wedding! on Web
  3. Vol.4 キャンプスタイルの“結婚祭”

What a Wonderful Wedding!

「したい」を叶えた先輩の結婚式実例集

キャンプスタイルの“結婚祭”

Vol.4

キャンプスタイルの“結婚祭”

山とアウトドアを愛するふたりが企画したキャンプスタイルの“結婚祭”。司会から
設営まで、仲間たちの協力で作り上げたオリジナル・ウエディングをレポート。

Wonderful Point

両家の絆

大好きなアウトドアで手作り結婚式

舞台は地元レストランの広場。「大変だけど自分たちでしないと得られないものがきっとある」をテーマに仲間と作った“結婚祭”。司会やドレス、設営を友人が担当し、装花やブーケは生花店を営む新婦・小百合さんの家族が総出で制作。ふたりらしさ溢れるウエディングを見事に形にすることができた。

  • 友人スタッフに交じり、直前まで会場装花の設営に大忙しだった新婦の父母。少しホッとした表情で娘をエスコート
  • 出会いから結婚まで、ふたりの10年間の軌跡を物語にしたウエルカムボード。イラストレーターの友人が描いてくれた
  • 人前式は友人スタッフと飾り付けたガーデンにて。ゲストの温かな祝福を受けてバージンロードを歩む
  • 新婦の母が寝ずに完成させたというブーケは、主役級の存在感。ブーケセレモニーでは、新婦が1輪の花を新郎の胸へ
  • ふたりをよく知るキャプテンリーダーの先輩が、人前式からパーティまで司会を担当

ページの先頭へ戻る

Wonderful Point

ゲストと楽しむ

ゲストとのつながりを感じる時間に

パーティはゲスト参加型のゲームやアトラクションを盛り込んで。自己紹介やドリンクカップの配布なども、ゲーム形式で楽しんだ。お揃いのセーター&帽子で決めたスタッフによるケーキの入場など、プログラムも仲間たちの協力により進行。人とのつながりを強く感じる、忘れがたいひとときとなった。

  • ロマンチックな雰囲気を醸すキャンドルの元へ、友人スタッフがケーキを運び入れる
  • 谷川のせせらぎが耳に心地よいテーブルで、遠方から駆け付けてくれた友人をおもてなし。新婦のケープも母のハンドメイド
  • 子どもたちだけのテーブルも楽しそう! 親族には室内に席や料理を用意し、ゲストの席は全てフリーで自由に過ごしてもらった
  • 料理は広場にテントを設営し、ビュッフェスタイルで。アウトドアながら、地元の野菜も使った本格イタリアンを振る舞った

ページの先頭へ戻る

Wonderful Point

カジュアルパーティ

こだわりのアトラクションが続々

披露宴では新婦のお琴やゲストのライブ演奏も行われ、二次会の始まるころには、まるで野外フェスのような雰囲気に。「時間を気にせず楽しみたい」と、希望者には広場にテントを張って泊まる場所も確保。キャンプファイヤーにネイチャーゲームにと、夜が更けるまで“結婚祭”を楽しみ尽くした。

  • 次のアトラクションがひと目でわかる、時計付きの“催し会場”のサインもスタッフの手作り
  • ピアノやバレエ、フルートに加え、中学生からはお琴も習い始めた新婦。先生との連弾で、その見事な腕前を披露した
  • 夜が深まってきたころ、友人手作りの移動カフェが登場。本格的なコーヒーやホットカクテルで長い夜を温かく
  • 二次会では、ふたりもカジュアルダウン。生花でアレンジしたちょうタイがかわいい♥

ページの先頭へ戻る

池田 和博さん & 小百合さん キャンプリーダーのボランティア活動を通して知り合ったふたり。山と音楽を愛する、まるで同志のような関係に。

会場
キッチン・スヌーグ(大阪府高槻市)
挙式日
2015年11月21日
ゲスト数
92名
  • 当日のタイムスケジュール
  • 14:00お支度スタート
  • 14:30開場
  • 15:00

    “結婚祭”スタート
    新郎入場後、新婦が父母と共に入場
    人前式

  • 15:30披露宴
  • 18:00お開き
  • 19:00二次会(キャンプファイヤー)
  • 21:30二次会お開き
  • 08:00みんなで朝ごはん

What a Wonderful Wedding! on Web 一覧はこちら