ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. What a Wonderful Wedding! on Web
  3. Vol.2 両家の距離がぐっと縮まる、心が通うウエディング

What a Wonderful Wedding!

「したい」を叶えた先輩の結婚式実例集

両家の距離がぐっと縮まる、心が通うウエディング

Vol.2

両家の距離がぐっと縮まる心が通うウエディング

「せっかく遠くから来てくれるのだから、ゲストとたくさん触れ合いたい」。そんな
思いが詰まったウエディングは、まるで一つの家族のような一体感に包まれた一日に。

Wonderful Point

両家の絆

結婚式を両家の親族が知り合う機会に

ゲストは親族と親友だけ。もともと親族と仲が良いふたりは「両家の親族同士の距離を縮める機会にしたい」と結婚式を計画。両家の親族が長テーブルに向かい合わせで着席したり、一緒に撮影を楽しむなど、気負うことなく打ち解けられる工夫を凝らした。ゲストは皆リラックスして笑顔が溢れる時間に。

  • 挙式はガーデンでの人前式。ゲスト参加型の演出を多く取り入れ、和やかな雰囲気で進行した。みんなの笑顔を見ながらの退場も幸せそう
  • おば、おじ、きょうだいなど、両家の区別なく、ふたりとの関係別に撮影したのもステキなアイデア。ガーランドは祥子さんのお手製
  • ファーストバイトの前に、両家の親にもケーキの食べさせ合いをしてもらった。楽しそうな親たちの姿がゲストの笑顔を誘う
  • パーティ中には、ふたり揃ってそれぞれの親族にあいさつへ。「お互いの親族のことをよく知ることができました」

ページの先頭へ戻る

Wonderful Point

神前式

ゲストとつくった心温まるセレモニー

挙式にもゲスト参加型の演出がたくさん。例えば、誓いの言葉は、新婦・祥子さんの姉妹が新郎・隼人さんに問い掛け、さらに隼人さんの姉2人が祥子さんに問い掛けるというオリジナルスタイル。ただ見守るだけでなく、演出に参加することで、ゲストにとっても思い出深く感動的な体験となった。

  • 誓いの言葉は、新郎の姉2人と新婦の姉妹がふたりに問い掛けるという、独自のスタイルで行われた
  • フラワーガールは親族の子どもたち。祥子さんと父の前をかわいらしく歩く姿に、誰もが笑顔でシャッターを切った
  • 12本のヒマワリを新郎がゲストから受け取り、ブーケに仕立てて新婦へ。「愛情」「感謝」など、一本ずつに意味を示すタグを付けた
  • 新婦と父を先導しためいの髪飾り、「Here Comes the Bride」の看板、新婦の登場を告げた鈴の飾りも祥子さんのハンドメイド

ページの先頭へ戻る

Wonderful Point

オリジナリティ

ふたりらしさ溢れる手作りアイテム

「心のこもった一日に」と多くのアイテムを祥子さんが手作り。ゲスト一人一人へのメッセージを添えた映像を流すなど、自然と知り合えるような演出も盛り込んだ。パーティ中にはお互いの父が「一緒に行きましょう」と2人でお酌に回るなど、両家の垣根もすっかり外れ、温かな一体感が生まれていた。

  • 席札&プチギフトは、ふたりで削ってやすりをかけた木製スプーンにジャムを添えて。「本当に手作り?」と驚かれたそう
  • 会場を彩るオブジェのモチーフは「ボタン」「スプーン&フォーク」「鍵」。婚約記念品として交わしたもので、「衣食住」を表している
  • 婚約記念品のモチーフをウエディングケーキにもちりばめて。シンプルながら、ふたりの思いを雄弁に語るかのよう
  • 一つの木から作られた時計を親へのギフトに。両家の実家、ふたりの住まいと、3つの場所でお揃いの時計が時を刻んでいく

ページの先頭へ戻る

久保 隼人さん & 祥子さん 同じ大学の同級生として出会ったふたり。式では隼人さんが祥子さんに「8年間待ってくれてありがとう」と思いを伝えた。

会場
貝殻亭リゾート&ガーデン(千葉県八千代市)
挙式日
2015年7月19日
ゲスト数
40名
  • 当日のタイムスケジュール
  • 08:30新郎新婦・会場入り、お支度
  • 10:30写真撮影
  • 11:10挙式リハーサル
  • 11:30親族紹介、親族写真撮影
  • 12:30挙式スタート
  • 13:00披露宴スタート
  • 13:30親族紹介DVD上映
  • 14:00ファーストバイト
  • 14:10テーブルラウンド、グループごとに記念撮影
  • 15:10お開き

What a Wonderful Wedding! on Web 一覧はこちら