ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. What a Wonderful Wedding! on Web
  3. 夢のカフェで、娘との幸せな生活を報告

ふたりとゲストの幸せな一日に密着 -先輩の結婚式実例集-

29
夢のカフェで、娘との幸せな生活を報告
東京都

将来の夢は飲食店オープン! そんなふたりは、会場をカフェのようにしつらえておもてなし。まな娘を中心に家族3人が、楽しい新生活を送っていることも報告した。

娘のお披露目
笑顔&寝顔にゲストたちは胸キュン♪

「ふたりとも、娘ができてから優しい顔になった」と周囲から言われるそう。式当日、1歳になったばかりの娘は元気いっぱいにゲストの間を縫ってグングン歩いたり、おなかいっぱいでパパの腕の中で眠ったり。ふたりの日々の“癒やし”に、ゲストも目尻を下げて大喜び。

フラワーシャワーの花びらが舞って、夢から覚めた娘。その愛らしい寝ぼけ眼に、笑顔が広がるシーンになった
チャペルの扉が開き、ぐっすり眠った娘を抱っこして新郎が入場すると、ゲストはみんなニッコリ。優しく和やかな雰囲気に
1歳になる直前、クリスマスプレゼントに靴をもらった晩から元気に歩きだした娘。思わず大人たちは「オイッチニ、オイッチニ」と掛け声を
ソファ席にリラックスして寄り添うふたり。新婦のボレロは、娘の衣裳も作ってくれた友人お手製
カフェ開店!
ナチュラルな空気感にほっこり

会場は、ふたりがよく遊びに来るという原宿のキャットストリートにある。飲食店経営を目指す新郎新婦らしく、ここに一日限りの“カフェ”をオープンした。ナチュラルテイストの手作りアイテムたちが、カフェ気分をほっこり好演出。

新郎新婦はそれぞれにゲスト卓を回って、たわいもないおしゃべりを。カフェのようなカジュアルな雰囲気だから、みんなも自然にリラックス
キリスト教式もさりげなくカフェスタイル。コーヒーカップにモスを敷き詰めて、指輪をちょこんとのせたリングピローを祭壇に
「CAFE OKUMURA」の屋号を描いた、新婦お手製のウエルカムボード。装花に選んだ愛らしいカスミソウとも相性ぴったり
新婦が幼い頃、母はミカンの缶詰を使ってケーキを作ってくれた。懐かしいスイーツを再現したウエディングケーキも、カフェを意識したデザインに
お酒好きな新婦は、仕事の後にバーに勤めて学んだ時期も。気軽に楽しめるビールは4種も用意した
今こそ感謝を
言葉にしたい気持ちを演出にのせて

親にも、職場の人たちにも、趣味の仲間にも、友達にも、感謝の気持ちでいっぱいのふたり。「今日こそ胸の内を伝える絶好のチャンス」というのは分かっているけれど、でもやっぱり口にするのは恥ずかしいから、演出や映像に織り交ぜてその気持ちを伝えた。

テラスに並べられたメイン料理のステーキは、ふたりからゲスト一人一人に渡しておもてなし。会話も生まれて好演出に
席札代わりの革製ネームタグは、新郎がハンドメイドしたもの。帰りには引出物バッグに付けて持ち帰ってもらい、「今後も使える」と喜ばれた
イタリアンレストランで働く新郎は、ステーキをフランベするダイナミックなパフォーマンスで会場を沸かした
ゲストに楽しんでもらいたくて、新婦はさまざまなデザインのフォトプロップスを作った。ふたりの結婚式を心から喜んでくれたおじも手にして、上機嫌♪
ゲストへの感謝を届けたエンディング映像を、扉からそっと見る家族。子どもを授かり、子育てに奮闘する“今だからこそ”の気持ちも伝えられた
Bride & Groom
奥村鉄平さん あいさん
新郎が勤めるイタリアンレストランの常連客だった新婦。お付き合いを経て娘を授かったことを機に、ふたりは家族に。
会場
ルシェルブラン表参道(東京都渋谷区)
挙式日
2017年2月18日
ゲスト数
67名
当日のタイムスケジュール
1600
挙式
1700
披露宴開宴、ウエルカムスピーチ
祝辞、乾杯
1740
ケーキセレモニー
1820
プロフィール映像
ステーキのフランベ
1845
各卓フォトラウンド
1910
サンクス映像、親へ記念品贈呈
新郎父謝辞、新郎謝辞、退場
エンディング映像
1930
お見送り
文・構成/千谷文子 撮影/筒井聖子