ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 家具・お金・手続き
  3. ふたりの暮らし方別 お部屋作りLESSON

【Question】あれこれいつも忙しい!リビングで何でも対応できる空間にするには?

持ち帰った仕事をこなしたり、ブログをアップしたり、ネットサーフィンなどができる書斎スペースが欲しいというカップルは少なくない。個室は無理でも、リビングの一角を書斎コーナーにしつつ、リラックスの場所としても機能するインテリアにするには?

こんなふたりにおすすめ

  • 仕事も遊びも忙しい、共働きカップル
  • 休日はふたりでゆっくり過ごすこともあれば、友達を呼んでホームパーティをすることもある
  • 家に仕事を持ち帰ることも多く、PC作業をできる場所が欲しい
イラスト

【Answer】メリハリある2WAY空間でリラックスも仕事もオーケー!あれこれマルチに使える、万能リビングインテリア

昼と夜で雰囲気を変えたり、ソファと書斎コーナーにメリハリをつけて分けたりと、シーンによって、マルチに対応できるよう想定したリビングインテリア。人の視界を計算したレイアウトアイデアが、仕事もリラックスもという、真逆な希望に対応するポイント。

Photo

【Point1】昼間はブラインドで明るく、夜はカーテンと照明でリラックス

昼間はブラインドで外光を取り入れて明るく、夜はおしゃれなデザインカーテンとムード照明でリラックスイメージに演出。ブラインドは、明るさはキープしつつも、外の景色は隠すことができるので、窓の外がすぐ隣の建物の壁などという住宅にはとくにおすすめ

Photo(クリックすると画像が拡大します。)

【Point2】カゴの収納ボックスを利用すればマルチ空間の小物がすっきり片付く

リビングにあふれるたくさんの小物を簡単に片付けるアイテムとして籐カゴが大活躍。フタ付きタイプは、上に物を置いてサイドテーブルとしても活用できる優れもの。ローテーブル下のデッドスペースも、籐カゴ置き場として有効活用でき、部屋はいつもすっきりきれい。

Photo
Photo

【Point3】壁面スペースをプチ書斎にリビングが2WAY空間になる

プチ書斎コーナーを壁面に配置。デスクとソファを背面合わせにしているので、リラックス時は書斎に目がいかず、また、仕事をしているときも集中しやすいレイアウト。狭い空間でも、リラックスと仕事スペースがきちんと分けられ、メリハリのある2WAY空間に。

Photo

撮影協力:IKEA港北