ゼクシィ

  • 新規会員登録
テーブルとふたり

「深み色のカラーリングで落ち着いた大人のweddingスタイル」スタイリスト判治ミホのwedding story book 79

  • コラム・連載

スタイリスト的な視点からフォトジェニックなウエディングを提案してきた判治ミホが、ふたりらしいウエディングをつくるための簡単アイデアとヒントをご紹介。
ディープトーンのカラーリングで作るテーブルコーディネート。テーブルクロスの色合わせや、ダイナミックな装花アレンジで、シックでいながらリュクスなデコレーションに。大人なふたりのおもてなしスタイル。

[新婦]ドレス32万4000円(レンタル)/メゾン・ド・ブランシュ
[新郎]ジャケット6万2640円(レンタル)、シャツ1万8144円(販売)、パンツ2万520円(レンタル)、ベスト1万2960円(レンタル)/全てMIRROR MIRROR、ちょうネクタイ/スタイリスト私物

テーブルクロスの色合わせで
テーマに合ったふたりらしいコーディネートに

  • テーブルとふたり

会場の中の多くの面積を占めることになるゲスト卓。テーブルクロスの色選びで、会場全体のイメージを好きなようにスタイリングすることができます。
色合わせと言われても、どうしたらいいか難しく思うかもしれませんが、広告やパッケージデザインなど、身近なもので自分の好みに合ったものを探してまねしてみるなど、何かを参考にすると難しくなく、取り入れやすいかも。

ヘッドピース1万5120円(レンタル)/Pureart

ディープカラーの配色とプラスアルファのアイテムで
大人のこなれ感を出す

  • テーブルコーデ

たっぷりしたドレープのブラウンのクロスにゴールドのフリンジとダークレッドのベルベットを重ねて。暖色系でトーンの違うものを合わせた配色で、ワンランク上のコーディネートに。

miho’s check

専門会場などにおいて、ゲスト卓の円卓には、テーブル全体を覆う「アンダークロス」と、その上に少しずらして重ねて掛ける「トップクロス」を2枚使うことが多く、これらはたくさんあるカラーバリエーションの中から選ばせてもらえることも少なくありません。

せっかく選べるのであれば、定番の組み合わせでなく、少し個性的なところを狙ってみても。2色を組み合わせることで、いろいろなテーマに合わせることができます。
今回のように、プラス1枚何かを足してあげるとさらにランクアップ。

花器からはみ出すボリュームの
ダイナミックなアレンジが最旬

  • テーブル装花

元の花器のサイズがわからないくらいに、大きく大胆にアレンジされた装花。横に大きく膨らんだラフなアレンジが今どきっぽくておしゃれ。

miho’s check

大きなアレンジの下からちょこんとのぞく花器の足がポイントなので、ここはぜひ装飾的なものを選んで。上と下のボリュームをアンバランスに作るアレンジのため、シンプルなデザインのものを選んでしまうと、すごく頼りなく見えてしまいます。

ダイナミックな感じを出したいので、大ぶりのお花をごろんごろんと配置し、グリーンや小花などで、左右に大きく飛び出すような動きを出して。
思い切って大胆に、ラフなイメージに仕上げるのがコツ。あまりきれいにまとめようとしなくてOKです。

カラーキャンドルを差し色に使って
思い通りのカラーリングを作る

  • キャンドルスタンド

ゴールドフリンジのクロスの色に合わせて、イエローのキャンドルをセレクト。クロスとの色のリンクでまとまりのある落ち着いたコーディネートに。

miho’s check

カラーバリエの豊富なキャンドルはちょっと色みを足したいときに便利なアイテム。
今回使ったのはテーパーキャンドルと呼ばれる一番定番のタイプ。太さや長さなどもいろいろあります。
このほかにも円柱形のものや、水に浮くフローティングキャンドルなど、本当にたくさんの種類があり、ウエディングのディスプレーに取り入れやすいアイテムの一つ。

テーマ感を出すためにも使える
ペーパーナプキンを席札にするアイデア

  • ショープレートのチョコ
  • テーブルのチョコ

グリッター感のあるシールを貼ってスペシャルな席札に。一つ一つに掛ける手間もおもてなし。

miho’s check

ペーパーナプキンは色や柄など、いろいろなテイストのものが種類豊富に揃っているので、テーマ感を出したいときに使いやすいアイテムです。
しかもリーズナブルな価格のため、結婚式などのパーティでたくさん数が必要なときにも用意しやすい。
今回のように3枚セットで使っても、1人当たり120円。シックな柄のブラウン、エンボス加工のゴールド、繊細な花柄のエレガントなものの3種類を一組にしてショープレートにセッティングしました。
リーズナブルなペーパーナプキンにシールを貼って作っただけの席札ですが、柄や質感を選ぶとこんなにもリュクスな雰囲気に。

判治ミホ

判治ミホ

スタイリスト

ウエディング雑誌、広告などで活躍するスタイリスト。パーティプロデュース、ドレス、小物などのデザイン、コーディネートを展開する花嫁のためのセレクトショップ「プティラブーシュカ」を主宰。
http://www.loveshka.com
ドレスやアクセサリーなどのデザインはもちろん、ウエディング小物の制作や、コラージュ、ブックデザインなども得意とする。本アプリでは、撮影ディレクション、スタイリングを担当。
その色使いや小物使いには独特の世界観がある一方で、花嫁が自身の結婚式に取り入れやすい内容を常に意識してアイデアを提案している。
著書:『賢い乙女のハッピーウエディング』(宝島社)

  • Pureart

    TEL 03-5772-8441

  • MIRROR MIRROR

    TEL 03-6427-1811

  • メゾン・ド・ブランシュ

    TEL 03-3289-4122

構成・文・スタイリング/判治ミホ 撮影/芹澤信次 ヘア&メイク/佐竹静香 モデル/HAL、micari 装花協力/こあん 小物協力/utuwa
※掲載されている情報と商品の取り扱いおよび価格は2017年12月時点のものです
  • 挙式・披露宴
  • 結婚準備全体
  • 大人っぽい
  • ゴージャス
  • 格式高い
  • ブラウン
  • ボルドー
  • ウエルカム演出