ゼクシィ

  • 新規会員登録

夫婦になる今こそ贈りたい、彼へのサンクスレター

  • 演出アイテム等

結婚式で家族への気持ちを披露する、「花嫁の手紙」。「読みたい!」「書いてみようかな」と思っている花嫁も多いのではないでしょうか。
ここでは、そんな花嫁の手紙の彼宛て版、「花嫁から彼へのサンクスレター」をご紹介。2人の花嫁に彼への感謝の気持ち、これからの結婚生活に対する思いを直筆で手紙にしたためてもらいました。
夫婦になる今こそ、「花嫁から彼へのサンクスレター」で感謝の気持ちを伝えてみませんか?

彼への気持ちを伝えるサンクスレター。実は多くの花嫁が書いた経験あり?!

  • 手紙と花

アンケートによると、結婚準備に際し共同作業が増えた、一緒に住むようになったなどをきっかけに、「彼への感謝の気持ちが強くなった」(ぽんぐさん)、「感謝したいことが日々積もっていった」(南さん)と、およそ8割の先輩花嫁が彼への感謝の気持ちが深くなったと回答。またそのうちの多くが、さまざまなタイミングで彼へ感謝の気持ちを言葉で伝えたり、メッセージや手紙にして贈っていることが判明しました。

「準備期間中、時々手紙を書いて渡しました」(momiさん)、「式の前日、彼への感謝とあらためてよろしくという内容の手紙を渡しました」(あーちゃんさん)、「結婚式でサプライズサンクスレターを彼へ」(宏美さん)、「二次会で彼へのサプライズとして感謝の手紙を読みました」(みほぽさん)など。
結婚準備中、結婚式前日、式中、式後とさまざまなタイミングで、先輩花嫁たちは彼への感謝の気持ちをつづった手紙を書いていたのです。

そんな、実は多くの花嫁が経験していた「彼へのサンクスレター」。みんなどんなことを書いてるのかな? そんな疑問に3人の花嫁が協力してくれました。あなたは彼へ、どんな手紙を書きますか?

「日々口にしている感謝を手紙に込めて」(Yさん)

  • 手紙

「普段から愛情表現ばかりしているわたしですが、今日はいつもは伝えられずにいることをお手紙にしました。

あなたはわたしに毎日いろんな感情を与えてくれます。あなたと出逢ってから、あなたがいることで何でもできる強いわたしになったけど、逆にあなたがいなくてはダメにもなって、弱いわたしになった。あなたの言葉ひとつで涙が出るほど傷付くし、あなたの言葉ひとつで嫌なこと全部吹き飛ぶくらい癒されもします。

複雑だけど、それはあなたがいてくれるだけでわたしの毎日が鮮やかに彩られているということ。

そんなあなたと出逢えたことに、わたしは心から感謝しているの。心から誰かを愛することで満たされ、ただその人の側にいたいという大切な感情を、あなたはわたしに与えてくれた。そしてあなたはいつもわたしを見て笑ってくれて、わたしの全てを認めてくれる。
ありがとう。これからも隣にいさせてね」

***********************
2016年3月に挙式予定。現在結婚準備中のYさんがしたためてくれたのは、日々口に出して伝えているという彼への感謝の気持ちをあらためて手紙にまとめたもの。

「自分自身普段から『好き』の感情表現は頻繁にしているつもりでしたが、毎日一緒にいてくれる彼へ、感謝の気持ちはなかなか伝えられていないと気付きました。
わがままを言うこともあるし、特に結婚準備が始まってからは、自分のやりたいことを押し付けるばかりで、それに文句ひとつ言わず付いてきてくれる彼の気持ちを思いやれずにいることも多かった。
付き合い始めてから今まで5年間も長かったけれど、これからの人生をわたしと一緒に生きていこうと決めてくれた彼に、『ありがとう』をこの機会に伝えられればいいと思いながら書きました」。

「手紙という表現方法は、言いたいことをゆっくり考えながら作り上げることができる。普段の会話やメールは、思ったことをすぐに発信してしまうのでそうはいかない。手紙だからこそ、普段から思っていることを心から最大限に伝えることができるのだと思う。ぜひ一度、書いてみてください」(Yさん)

手紙を渡した時の彼の反応は?

「黙って最初から最後まで読み、その後に『うれしい!』と笑顔で言われた。『これ、俺が持っていてもいいの?』と大切そうにしまっていました」

「これまでの感謝と喜びの言葉を」(HIKさん)

  • 手紙
  • 新郎新婦の手

「結婚式が終わってから3カ月が経ちました。
プロポーズから1カ月半、私たちは結婚式の準備でとても忙しかったですね。

(1カ月に1回しか会えない……東京と石川の遠距離で……)DVDの編集、BGM選び、本当にありがとう。これらは全部忘れられない思い出です。

新婚旅行のあと、一緒に住むことができて私はとても嬉しいです。

私が新しい仕事に就くまで、2週間の海外留学を許してくれてありがとうございます。

日本に帰国してからは、新婚生活を楽しみましょう♪」
(英文の手紙の日本語訳)

***********************
2015年6月挙式。遠距離だった交際期間も含め、ふたりの間で手紙のやり取りをした経験はないというHIKさんは、お仕事の移行期間に行った海外留学からの帰国直後に、留学の成果を伝える意味も込めて英文で初めて手紙を彼に渡しました。

「4年間の遠距離恋愛を終え、やっと一緒に住むことができるようになったうれしさと、お互いに仕事が忙しくて時間のない中、結婚式を無事に終えることができたことへの感謝の気持ちを込めて書きました。また、新婚なのに、2週間の留学を反対せずに応援してくれた彼への感謝の気持ちがあったので、せっかくなら英語で書こうと思いがんばりました」。

「(感謝を)直接口に出して言うことが恥ずかしかったので、とてもいい機会になりました。彼のことを思って、かわいいメッセージカード探しを留学先でするのも楽しかったです。普段手紙を書かない人が書くとサプライズになり、かなり喜ばれますよ」(HIKさん)

手紙を渡した時の彼の反応は?

「サプライズだったので、『ありがとう』と笑顔で喜んでくれました」

プロが伝授! 花嫁からの彼へのサンクスレター、その心得

  • 手紙

「書いてみたいけど、どんな手紙を書けばいいかな……」。なんて思っている花嫁にぜひ知って欲しい、手紙を書く心得を手紙のプロ・手紙の書き方コンサルタント熊谷さんにお伺いしました。

●相手の笑顔を想像しよう
「何をどんなふうに書くかよりも大切なのは、手紙を送る相手の笑顔を想像すること。その人を思っている瞬間から、手紙を書く時間は始まっているのです」

●背伸びせず、いつもの自分らしい言葉で
「普段メールで使っているような等身大の言葉で、のびのび書いてみましょう。文章が苦手だという人も、レターセットやシールなどのアイテムを使って工夫できるのが、手紙ならではの楽しみ方です。『もし相手が手紙を書いてくれたら』と逆の立場で考えてみると、ヒントが見えてくるかも」

●思い出やこれからに向けてをつづろう
「具体的なエピソードや感想を添えると、気持ちが伝わりやすくなります。また、相手とのこれからに繋がるような、前向きな未来の話題に触れるのもいいですね。『私』を『わたし』にするなど、漢字とひらがなをうまく使い分けると、さらに女性らしく柔らかい文章になります」

●便箋や筆記用具にも気持ちを込めて
「自分が好きなデザインの便箋はもちろん、相手にぴったりのモチーフのものを選んでみてはいかがでしょうか。例えば、相手の趣味が写真なら、カメラ柄の便箋を選ぶと『自分のことを考えてくれたんだな』と喜んでもらえそう。
また、筆記用具はボールペン以外がオススメ。ボールペンは元々メモを取るための道具ですので、ぜひ好きな色のインクペンなどで書いてみてください。特別感が高まりますよ」

●手書きというだけで価値のあるものに
「手紙を書くことで、自分の気持ちとていねいに向き合うことができます。また、家族や友人の見慣れた字に、なんだかほっとすることはありませんか。手紙は、手書きされているだけで価値のある、あたたかみがある贈りものです。字に自信がなくても気にせず、気楽に書いてみましょう」

●手紙を書こうと思っている花嫁へ
「彼の喜ぶ顔を思い浮かべながら、素直な気持ちを自分らしくつづってみましょう。大切にしたためた思いは、きっと伝わるはず。そして、5年後や10年後、さらにもっと時間が経ってから、それを読み返すことができるのも手紙の魅力です」

from編集部『ふたりにとって、きっと大切な宝物になるサンクスレターを』

「サンクスレターをすごく喜んでくれて、クルマのサンバイザーのところに今でも大切に挟んでくれています」とは史加さんの彼。「毎月言葉で伝えるとともに、手紙を書いています。彼はその都度喜んでくれて、楽しみにしてくれています。感謝の気持ちは何度伝えてもお互い気持ちがいいですね」とはハッピーさん。

感謝の気持ちや思いをつづった、ふたりだけのプライベート感たっぷりの「花嫁から彼へのサンクスレター」。あなたもぜひ彼に贈ってみませんか? 結婚記念日などに読み返せば、夫婦になった当時を思い返して、ふたりの絆をいっそう強めてくれそうです。

今回お話を伺ったのは……

熊谷蘭夢さん
(社)手紙文化振興協会認定 手紙の書き方コンサルタント

通信講座「手紙の書き方講座」「仕事で差がつく!メール・文章の書き方講座」の添削講師や、書籍監修を行うなど、手紙の力で“書くコミュニケーション力”を高める活動をしている。
夫と、結婚前の1年間の遠距離恋愛中に約200通の手紙を交わした経験を持つ。

構成・文/松隈草子(編集部)
※記事内のデータならびにコメントは2015年9月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバー122人が回答したアンケートによります
※掲載されている情報は2015年10月時点のものです
  • 新婚生活
  • 結婚準備全体
  • 花嫁実例
  • 温かい
  • 感謝
  • プライベート感
  • ほっこりしたい